意外と知られていない不法投棄の実態とは




2013年6月、富士山がユネスコ世界遺産に登録されたのは記憶に新しいところです。しかし、その富士山が世界遺産から登録取り消しの危機にさらされていることはご存じでしょうか?

その理由の一つに富士山での不法投棄問題があります。富士山登山客の増加に伴い、心ない登山客が空き缶や弁当のゴミなどを捨て、富士山はゴミまみれ。それだけでなく、富士山山麓での違法業者による大量不法投棄も発覚しています。

ユネスコは世界遺産に健全な状態の保護・保全を求めています。このゴミまみれの状態は健全な状態とはいえず、富士山の不法投棄の対策をしなければ、世界遺産登録抹消もあり得る、と警告しています。

このように、不法投棄とは外交問題にもつながる大きな犯罪。でも、「不法投棄ってなに?」と聞かれると、なかなか答えにくいもの。

今回は、不法投棄の恐ろしさと、その対策について学んでいきましょう!

えっ!こんな物まで、不法投棄されたものとは

不法投棄とは、ゴミを指定の場所以外に捨てることです。空き缶やタバコの吸い殻のポイ捨ても不法投棄なのです。

しかし、ここで問題になるのは、違法業者による大規模なゴミの放棄。富士山に限らず、日本の各地の山麓や河原等に何十トンというゴミの山が積み上げられています。

その量は、環境省による調査によれば、平成24年の時点で1,777.3万トン。なんと、ダンプカー150万台分以上のゴミが不当放棄されているのです!

不法投棄されるものは、家庭ゴミや家電、パソコンなどの一般廃棄物、産業活動に伴い発生する産業廃棄物が中心です。

不法投棄の問題といえば、その中でも産業廃棄物が中心です。なぜなら、産業廃棄物には有害な物質が大量に含まれていることが多いからです。

有害な物質として、重金属(特に鉛)、有機塩素系化合物等があります。鉛は体内に蓄積されると神経障害を引き起こす原因になるため、使用が制限されています。

また、有機塩素系化合物は強い毒性を持っているため、人体にも有害ですが、地域の野生動植物のダメージを与え、生態系を破壊してしまいます。

このように大変恐ろしい物質が平然と身近な環境に放置されているのです。

それだけでなく、最近では犬猫などのペットの死骸が大量に投棄されている事件もあり、動物愛護法の範疇からも不法な投棄が相次いでいます。

防犯カメラレンタルで対策を考える

不法投棄の刑罰と防犯対策

もちろん、行政もこのような状態を座視しているわけではありません。

不法投棄は当たり前ですが、犯罪です。不法投棄で逮捕されると、懲役5年以下もしくは罰金1000万以下の罰金、もしくはその両方が科せられます。

特に、平成20年には法律が改正され、不法投棄を行った業者に対して、最大で3億円の罰金を科すことになりました。

摘発されても、罰金を払って再び不法投棄を行う業者が後を絶たなかったためです。それほど不法投棄は「儲かる」仕事でもあるのです。

各地方自治体でも不法投棄の防止の防止に力を入れています。

その中でも、産廃Gメンと言われる不法投棄を監視する公務員が各都道府県で誕生しているのです。彼らの業務は日夜を問わず監視活動を行い、不法投棄を防ぐこと。違法業者と過酷な戦いを繰り広げています。

監視活動だけでなく、不法投棄されたゴミの処理や、警察と連携し違法業者の摘発等も行っています。時には、銃撃事件に巻き込まれることもある危険な任務です。

産廃Gメンは成果を上げており、特に千葉県では、徹底した産廃Gメンの活躍で、不法投棄が18万トンから1.5万トンまで減ったそうです。

また、市民の不法投棄の対する認識の高まりもあり、全国的に不法投棄の件数・総量ともに減少傾向にあります。

不法投棄による相談事例

わたし達に出来る不法投棄対策

それでも、不法投棄とはわたし達とは遠い世界の話と感じることが多いのではないでしょうか。

しかし、先にも書いた通り、わたし達の健康にも影響する話です。知らぬ間に基準値以上の有毒物質を摂取していた、という事件は、今でも後を絶たないのです。ですから、市民として不法投棄に厳しい目を向ける意識を持つことが大切です。

最近は、各自治体で不法投棄の通報窓口を設けているので、もし、不法投棄と思わしき現場を見たら、即座に通報することが大切です。出来るなら、その場を携帯やスマホで撮影しておくと、犯人摘発に役に立ちます。

また、土地を持っている人にとっても、不法投棄はとてもやっかいなもの。不法投棄されたゴミの撤去費用は、基本的にその土地の持ち主が支払わなければなりません。

不法投棄されにくいように、土地に柵を設ける、防犯カメラを設置するなど対策が必要になります。山林のみならず、畑などにも粗大ゴミ等が不法投棄されていることもあり、平地だからと油断せずに防犯意識を持つことが大切です。

不法投棄は環境破壊だけではなく、人体にも悪影響があり、土地の持ち主の財産にダメージを与える上、ムダな税金を払わざるを得なくなる、とても重大な犯罪です。

わたし達市民の力で不法投棄を許さない社会を作っていけるよう、皆さんで力を合わせていきましょう!

不法投棄対策はここが一番!仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。