歯医者さんでこんな被害がありました




歯医者さんと言えば世間ではお金持ちというイメージがあります。それもあってか、歯医者さんでは強盗被害が相次いで起こっているのです。

また、看護師やスタッフも女性であることが多いので、強盗する側から見ればターゲットになりやすいのです。その他、盗難を始めいろいろな犯罪が起こっています。

このような犯罪を未然に防ぐためには、いくつも通路や犯行されやすい場所、そして玄関などの入り口を監視する耐性が必要です。

既に、歯医者さんの中にも防犯監視をし始めている所が増えています。
防犯カメラであれば、これら複数のポイントを効率よく監視して未然に侵入を防ぐことが可能です。

こんな事が!?歯医者さんで起きた犯罪の数々

歯医者さんでも、数々の犯罪が起きています。最近は、お医者さんや歯医者さんが金持ちであるというイメージが広くいきわたっているため犯罪の対象となっているのです。具体的には歯医者さんはどのような犯罪に遭っているのでしょうか。

まず、多いのが強盗などの犯罪です。歯医者であればたくさんのお金を持っていると思われるため、押し入りして強盗して行くという事例が多発しています。しかも、大抵の歯医者さんでも受け付けも女性であることがほとんどなので強盗しやすいのです。

また、お金目当ての犯罪であれば他にも、盗みや顧客の荷物に対する起き引きなども発生しています。歯医者さんでもとにかく、金銭目的の犯罪が非常に多発しているのです。

ただし、金銭目的の犯罪だけというわけでもありません。中には、顧客の個人情報の流出を狙った犯罪も起きています。医療機関は大量のデータ保持のためにパソコンが必要不可欠です。

また、医療機器も高く売れることがあるために、医療機器も盗難に遭う事があるようです。個人データの流出は新たな犯罪の火種となりかねません。

特に、歯医者さんなどの医療機関にとっては医療機器の盗難は診療上必要不可欠です。困るのは歯医者さんだけでなく、その歯医者さんを利用している周辺地域の人たちにも被害が及びかねません。

診療が再開するまで、その分請け負っていた患者さんの苦痛も続いてしまうのです。歯医者さんは歯の痛みを訴える人の苦痛の期間が長くなるのを覚悟しなければなりません。

すでに防犯対策している歯医者。対策の内容は?

既に、防犯対策を施している歯医者さんも多数いらっしゃいます。防犯システムや対策などを施している歯医者さんはどういった防犯システムを導入しているのでしょうか。

やはり、メインとなるのは防犯カメラを中心とした監視システムです。特に、強盗や泥棒などは侵入させないことが大事ですから、入口や待合室、そして病院の裏口などありとあらゆる進入路に防犯カメラを設置するというのが主です。

また、個人情報が保管されている事務質なども防犯カメラを設置すべき場所となります。万が一侵入を許してしまった場合、事務室で関係者以外が侵入してればすぐに分ります。

その他、医療機器の保管庫など盗難に遭いやすい場所や、被害に遭いやすい場所に重点的にカメラを設置しているのです。

このように、数々の入り口や浦口などを監視することで、病院へ侵入しようとする者、あるいは不審な人物を監視することができます。場合によっては屋外の駐車場にもカメラを設置している歯医者さんもいらっしゃるようです。屋外の安全までも確保することでようやく病院内の安全も確保されるのです。

また、被害に遭いやすいポイントを絞って監視しておけば、犯行直前で食い止めることもできるでしょう。重要なポイントを監視することで、監視体制や病院の業務効率化にも支障が出ません。歯医者さんの場合はスタッフが少ないため、このような効率的な監視体制を整える必要があるのです。

病院で信用を失わないための防犯対策

歯医者さんで最適な防犯カメラはこんなもの

では、実際に防犯カメラを導入するとして、どのようなカメラを設置すればいいのでしょうか。ここで、そのポイントをいくつか挙げてみましょう。

高解像度で赤外線照明付きであること

やはり、カメラから不審者であると判断できるくらいには高解像度である必要があります。不審者なのか、それとも患者なのか、あるいは病院の関係者なのか判断付かないくらいの粗いものでは役に立ちません。

また、実際の犯行が昼間に起きるとも限りませんから夜も監視できるように赤外線照明がついたものが望ましくなります。これで、昼夜問わず監視することが可能となるのです。

防犯カメラ画素数の比較

管理が楽であること

歯医者さんは大量のスタッフを抱えることが出来ません。総合病院などの大きな病院であれば予算もあれば、人員も導入できます。

しかし、歯医者さんではそのようなことはできませんので、効率的に監視できる防犯カメラシステムである必要があります。そのため、いくつもの部屋や通路に設置したカメラからの映像を1つの画面で4分割、あるいは8分割できるシステムを導入したいところです。

死角を作らないように複数個のカメラの管理が出来るもの

病院内部ともなりますと、いくつもの仕切りや区切りによって部屋が複数に分かれています。死角を作らないためにも、複数設置が出来て管理が出来る防犯カメラが最適です。

また、映像が映した出される画面もなるべく大きい方が良いでしょう。複数のカメラの映像を一つの画面で分割して監視するのですから、大きい画面であるほうが監視しやすくなります。

以上の条件がそろっているような監視カメラを導入して病院内の安全を確保しましょう。

病院は安全な場所でしょうか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。