なぜコンビニに防犯カメラが多いのかその理由に迫る




コンビニほど人々の身近にあって有りがたいものはありません。しかし、そんな便利でたくさんの人が集まるからこそ、お金もたくさん集まる場所でもあるのです。そうしますと、当然ですがそれを悪用しようとする人たちが増えてくるものです。

強盗や、店員による着服、ありとあらゆる危険性があるのです。こういった危険からコンビニを守るために防犯カメラなどは設置されているのです。やはり安全にサービスを提供する場所はしっかりとカメラを設置して監視をしておくことが大事です。

コンビニに防犯カメラが多い理由

どのコンビニにも必ずと言っていいほど防犯カメラが作動しています。どうしてこれほどまでに防犯カメラが多いのでしょうか。それはコンビニは常に犯罪が起こり得る場所であるからです。

フリーイラスト素材はこちら

とくに24時間も営業をしていると、犯行を起こす側も計画的に犯罪を実行することが可能です。しかも、コンビニで特に多いのが強盗です。コンビニの従業員の方も強盗に対して言う事に従うしかとっさの対応はできません。

そのため、強盗は短時間のうちに現金を強奪してその場から離れてしまいます。また、コンビニ強盗の場合、発生する時間帯はどれも深夜です。深夜になると必然とお客さんの方もコンビニからいなくなります。

そのため、強盗の特徴を把握できるのがその場の店員のみとなってしまい決定的な証言をえることも難しくなります。防犯カメラは、このような強盗犯の顔の特徴、あるいは服装の特徴などを録画することでその後の犯人の特定に活かすことができるのです。

そのため、コンビニではもしも犯罪が起こった場合を考えて防犯対策の一環としてカメラを設置しているのです。また、強盗の他にも万引きや店員の不正などの犯罪も起こり得るのがコンビニです。とくに店員の不正の場合は防犯カメラを設置でもしない限り、特定が難しい犯罪でしょう。

顧客の方からすれば、店員がレジで何をしているのか気にすべき事でもないのです。ありとあらゆる犯罪に対応するために防犯カメラが大量に必要となるのです。

コンビニエンスストアの防犯対策は

これまでの防犯カメラの活躍

これまでコンビニで設置された防犯カメラのおかげで、いろいろな犯罪の解決に役立ってきました。中には防犯カメラの画像をウェブで公開して、犯人の特定に貢献させている事例もあります。また、防犯カメラは設置して、作動中であることを部外者に知らせるだけでも犯罪の抑止効果を期待することができます。

実際に犯罪が起こってからの解決、あるいは犯罪の未然防止という観点からも防犯カメラは活躍しているのです。店内のレジ、駐車場、ATMなど、とにかく犯行が起こりやすい個所に対して重点的にカメラを設置するのが望ましいでしょう。

しかし、実際に犯罪が起こってから問題を解決するためにも、防犯カメラの点検や定期検査は必要でしょう。というのも、実際に犯行が行われたコンビニの防犯カメラの録画映像の1割が映像不鮮明、あるいは録画ミス、あるいは故障をしてしまって使い道にならないと言われています。

これでは、実際に犯行が行われてからでは全く意味がありません。これまでのところ、一定割合で犯罪の解決に貢献できていないカメラが1割程度あるという事は理解しておくべきでしょう。

しっかりと、犯罪防止と犯罪解決に役立てるために、日頃から定期的な点検、そしてカメラの角度や映像に出る大きさなどを調整しながら活用する必要があります。未然に犯罪を防止することも大事ですが、実際に起こってから防犯カメラが犯行の解決に貢献できるようにしておきましょう。

防犯カメラの画質の違い

今後の防犯カメラはどう進化していくのか

今後、防犯カメラはどのようにして進化していくのでしょうか。まず、カメラで撮影される解像度がどんどん高くなることが予想されるでしょう。これまで、ドットで判断できなかった人の顔がもっと鮮明に映されるようになるはずです。

また、カメラ同士のネットワークも今後発展していく技術でしょう。カメラ同士を連動させたり情報を一括で管理できる技術が発展していくはずです。

また、撮影した映像をパソコン上で容易に画像処理が出来るようになっていくはずです。より鮮明になれば、より見やすくするためにも画像処理ができるようになっていくのです。

また、これらのカメラの発展によって貢献できる分野は単に防犯だけにとどまりません。カメラの発展はすなわち、マーケティングにも活かすことが今後可能となるのです。

例えば、いつもコンビニにやってくる大学生の若者がいたとして、彼がどういった経由でコンビニ内を回っているのか、どういったルートで買い物をしているのか分析することもできます。これを参考に、商品の配列を変えてみたり、あるいは顧客層を考えて品ぞろえを変えてみたりすることも可能です。

これまで、防犯カメラとしか利用できなかったカメラも、技術の発展によってマーケティングのツールとしても活用できる可能性が開けているのです。今後の、コンビニ経営のためには安全性と将来の収益を確保する方法が大切です。将来的に高機能となっていくカメラは、これらの防犯と収益の面で大変役立ってくれるはずでしょう。

コンビニなどの防犯対策をお考えならまずは無料相談セキュリティ・バーンズなら最適なご提案をいたします。