パチンコ屋に死角なし。パチンコ屋の防犯カメラの必要性

パチンコ屋に死角なし。パチンコ屋の防犯カメラの必要性




パチンコ屋と言えば、たくさんの人が集まる場所と考えるかもしれません。確かにたくさんの人が集まるのですがその顧客層は様々でしょう。普通のギャンブル好きのサラリーマンから、少々危ないような人、そして暇になった高齢者の方など色々な顧客層が集まる場所です。

そういった場所ではやはり窃盗、盗難などの犯罪が起こりやすくなることが予想されます。パチンコ屋にとって、顧客に安全な台打ちを実現させるためにも防犯カメラは必要不可欠なのです。

パチンコ屋さんは防犯カメラなくして成り立つのか

たくさんの人が出入りするパチンコ屋さん、果たして防犯対策なくして経営は成り立つのでしょうか。やはり、パチンコ屋さんに来るお客と言えばお世辞にも皆が皆しっかりと法律を守る人たちばかりとは限りません。そういった場所では、やはり盗難や景品の窃盗などが十分に起こり得ると考えなければならないのではなりません。

また、パチンコ玉などはどれも色が付いているわけではありませんから、本人が居なくなった隙にとなりの人に取られることだってあるかもしれません。当然、被害に遭ったお客さんはもう二度とそのパチンコ屋さんを利用しようとは思わないでしょう。

また、窃盗されたものが景品などであればパチンコ屋さんの経営にも直接響いてきます。パチンコを打つお客さん全ての方に、しっかりとした意識を持って利用してもらいたいものですが、それを期待するのは難しいと言えます。ですので、パチンコ屋さんの場合しっかりとした防犯体制を整えることが安心してパチンコを打たせる環境づくりとなるのです。

そうなりますと、パチンコ屋さんのありとあらゆる場所に防犯カメラを設置すべきなのではないでしょうか。パチンコ屋の重要な区域の監視はもちろんですが、ホールの方もしっかりと監視をして変なお客がいないかどうかしっかりと、監視をしなければなりません。そうすることで、安心してお客さんがパチンコを打てる環境づくりに貢献できるというものです。しっかりと防犯カメラを整えて設置して行きましょう。

カメラが見たパチンコ店で過去に起きた犯罪被害

パチンコ屋で多いのが、置き引きではないでしょうか。世間ではパチンコ屋と言えばもっと大きな犯罪ばかり起きている事が報道されていますが、実際にはそんなのはごくごく少数でもっと他の犯罪が大多数を占めます。置き引きは、本来の持ち主が荷物を置いたまま席を離れた途端に、荷物を盗むという手法です。

そのため、盗まれた本人からすれば盗まれたことに気づくのに時間が掛りますし、さらには誰が盗んだのか見当も付けることが出来ません。盗まれた本人が、一人一人聞き込みするわけにもいきませんし、その間に本当の犯人に逃げられてしまいます。

とくにパチンコ店は人気点ともなるとそこら中が人だらけで、パチンコ台も密接しています。こうなると、四方八方の人が犯人であると疑わざるをえなくなります。盗まれた本人が、周りの人に聞き込みするわけにもいきませんし、その間に犯人は逃げてしまうかもしれません。

そのため、置き引きは防犯カメラでしか特定することが出来ないような犯罪と言えるでしょう。その他、人が密接し安い空間であるため、スリなども起こりやすい環境と言えるでしょう。こうすると、もはや本人がスリに気づいて後は防犯カメラで要チェックするしか特定する方法はありません。

以上のように、パチンコ店は置き引きやスリなどの窃盗犯罪が非常に起こりやすい環境です。これらの犯罪を特定したり、未然に防ぐにはしっかりと防犯システムを整備するしかやりようが無いと言えるでしょ言う。

店舗を万引きや強盗から守る為の防犯対策

パチンコ店で今後、進化していくセキュリティとは

パチンコ店といえば良くも悪くも防犯カメラや監視カメラで見張っているという話をよく聞かされます。もちろん、これは顧客が不正をしないようにするためにも監視をしているのもあります。そんな監視体制や防犯セキュリティーなどは今後パチンコ店の場合、どのように発展していくのでしょうか。

今後、パチンコ店の防犯カメラやセキュリティーは非常に高度な発達を遂げるでしょう。カメラの方も個人の特定が可能であるほど鮮明になってきます。

施設に防犯カメラを導入した設置事例

また、最近はパチンコ台の調整をして不正に当て玉を取ろうとする顧客を追跡するというシステムも備わるようになってきています。つまり、複数のカメラで連携してターゲットを追跡するという事も可能になってきているのです。また、セキュリティとしては、設備やシステム面だけ高度化しているわけではありません。

防犯アイテムのフリー画像集はこちら

防犯カメラの画像を利用し、地域の他のパチンコ店にも情報を共有するというネットワークを構築することも大事となってきます。これであれば、他のお店で発生した犯人の情報共有が進み、未然に要チェックすることが可能となります。

以上のように、今後パチンコ屋のセキュリティーは防犯カメラの高度鮮明化、そしてネットワークの構築によってどんどん進化することになるでしょう。特に、他のパチンコ店で発生した事件の情報を共有するというのは未然に犯罪を防止する上でも大事な点でしょう。横との情報共有や機器の充実化は、今後急務となるでしょう。

コンビニの防犯対策・防犯カメラの設置を考えている方は防犯専門セキュリティ・バーンズ