飲食店に防犯カメラを設置するときの注意点




飲食店も色々な犯罪と隣り合わせです。強盗もありえますし、泥棒もありえます。また、人気店への嫌がらせというのも考えることができるでしょう。

しかし、同時に飲食店はお客さんがプライベートを満喫する場所でもあるのです。そのため、やたらめったに防犯カメラを設置するのが望ましいことではありません。

ですので、いくつもの注意を守って防犯カメラを設置する必要があるのです。どういった点に注意して設置すべきか、しっかりと抑えておきましょう。

飲食店に防犯カメラを設置するときの押さえておきたいポイント

飲食店も防犯の観点から、しっかりと防犯カメラを設置すべきです。しかし、飲食店の場合頻繁に出入りするお客さんとの兼ね合いもありやはり防犯カメラを設置する場合は注意して設置すべきでしょう。ではどういったポイントに注意して設置すべきでしょうか。

撮影区域をはっきりさせること

飲食店では特に、顧客のプライバシーを映してしまう可能性が高いお店です。そのため、不必要な場所まで映さないように、なるべく撮影区域ははっきりさせて顧客を映さないように努力すべきでしょう。犯罪が起こり得る場所は限られていますから、カメラもピンポイントで設置すべきです。

防犯カメラが作動中であることを明示しておくこと

本人が知らないうちに撮影されていたとする場合、これは隠し撮りに該当します。隠し撮りとらないためには、しっかりと防犯カメラが動いている最中であることを明示する必要があるでしょう。

苦情をどうするか

飲食店を利用する顧客としてはゆっくりと安心して食事などを取りたいはずです。その様な場所で、防犯カメラを設置するようなものならば、やはり不快に感じられる方も一定割合で出てくるでしょう。その場合の、苦情やクレームに対してどのような対策を打つか設置する前に考えておくべきかもしれません。

顧客からのクレームは従業員を疲弊させ、本来の飲食店としてのサービス提供から著しく外れることになります。なるべくクレーム対応に翻弄されないようにあらかじめ、どうやって対応するかマニュアル化しておくべきかもしれません。

店舗で実際に起きた犯罪ニュース記事を読む

飲食店で防犯カメラに映された犯罪被害とは

飲食店は特に泥棒や強盗なども犯罪にも気にしないといけません。飲食店の場合も、やはりレジや現金などをたくさん置いておく必要がありますから、当然強盗や窃盗などの犯罪が起こっています。

フリーで使える防犯カラーボールイラスト

また、お金だけを盗むのであれば、まだましなケースもあり、店内にいたずらを起こす悪質な犯罪も起こりえます。飲食店は衛生環境がとにかく大事ですから、何かしらの混入物があるだけでお店の評判が型落ちです。お金を盗まれるよりも、将来的な経営を考えると信頼を損なってしまう方が一番恐ろしい事態かもしれません。しかし、外からの犯罪だけでなく中からの犯罪に対しても気をつけるべきでしょう。

飲食店では従業員の不正も考えられるのです。特に、レジ打ちの従業員は特に監視をしておくべきポジションです。レジに従業員を常駐させているのであれば、飲食店内が忙しい時間帯を見計らってレジのお金を勝手に着服しないとも限らないのです。レジ打ちの従業員の不正はなかなか、しっかりと監視をしていないと発覚出来ません。

以上のように、飲食店では外からの窃盗や強盗、あるいは嫌がらせという犯罪と隣り合わせです。さらには、飲食店で働く従業員もレジのお金などを着服しないとも限りません。

防犯カメラを設置すれば、これらの犯行に及んだ人物を特定させることに役立ちます。店内の金銭があまりにも記録と合わない場合は、防犯カメラに従業員が着服している場面が映っていたという事はよくあることなのです。

飲食店での防犯カメラ設置事例

飲食店に防犯カメラを設置する必要性

飲食店に防犯カメラを設置する必要性は上記のとおり、いろいろな犯罪と隣り合わせだからこそです。飲食店内で犯罪が起きればお店の評判、そして大量の金銭が盗まれれば経営に重大な支障をきたします。そうなりますと、安定的に店舗経営が難しくなることは間違いないでしょう。

防犯という本来の役割を考えると、防犯カメラを設置する必要性は非常に高いものです。しかし、それ以外にも防犯カメラを設置する意義はあると言えます。

上記にも書いた通り、あるいみ防犯カメラを設置することは従業員の監視にもつながります。従業員が不正を働かないためにも一定の監視は必要ですが、それ以外にも従業員の監視にはメリットがあるのです。

それが、業務の改善や教育につなげることができるというメリットです。しっかりとマニュアル通りに動いているかどうか、あるいは何かしらのトラブルが起きていないかどうか監視をすることができるようになるのです。

また、経営者や店長がいない間、しっかりと誠意を持って働いているのかどうか確認する手段にもなります。飲食店の経営にも防犯カメラを活かすことができるのです。

確かに、犯罪や不正を未然に防ぐという本来の役割も大事ですが、折角店内にたくさん設置するのであれば、経営にも活かさないのはもったいないかもしれません。

私が経営している飲食店ではお金が足りなくなる!実際にあった相談事例

以上のように、本来の防犯という役割からカメラを設置する必要性もかなり高いものですが、設置したカメラを経営に役立てることも可能なのです。

社内の不正、犯罪を見逃していませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。