犯行を諦めさせる家とは!泥棒を寄せ付けない為の防犯対策




「しまった!やられた…」平和な日常に、突如嵐のようにやってくる住宅を狙った泥棒。空き巣や、忍び込みなどの被害にあった方たちは、驚きや悔しさの他に、「もし、犯人とかちあってしまっていたら…」と強盗に対する恐怖を覚えるそうです。

住宅侵入被害は年々減少傾向にあるものの、決して少なくはありません。平成 24 年、25 年ともに、全国で約 6万件を超える被害件数が報告されています。これは、全国平均で年間約 850 世帯に 1 件の割合で泥棒にあうという数字。この割合を低くて安心と捉えることは危険です。泥棒は、いつでも住人が気を緩ませる一瞬の隙を狙っているのです。

泥棒に侵入を諦めさせる鍵は時間にある

「侵入 3 分、物色 5 分」これは、住宅を狙う泥棒を知るのにとても有効な数字です。たった 8 分あれば、泥棒は犯行を完了させてしまうのです。

いつ住人が帰ってくるか、あるいはいつ気が付かれてしまうかわからない状況で、泥棒が最も重視するのは、侵入しやすく、逃げやすい、ということです。侵入に 5 分以上かかると、約 7 割もの泥棒は犯行を諦めるそうです。10 分以上かかると、諦める泥棒はさらに増えて約 9 割にもおよびます。

家や財産だけではなく、体や命を守るためにも、まずは泥棒に侵入を諦めさせる防犯対策を行わなければなりません。泥棒の多くは、逃げる為のルートを犯行前から確保している為、「侵入されたら終わり」と考えておくべきです。

さらに、泥棒は目当ての物を物色するのも一瞬です。一般的な犯行でいえば、その時間はたった 5 分。朝のゴミ出しや、窓を開け放った庭掃除…など、どんな些細な一瞬でも、泥棒からすれば、その一瞬さえあれば犯行は可能なのです。

侵入手段の大半は、ガラスを割ることでもピッキングでもなく、無施錠によるもの。出入り一回一回の玄関の鍵の施錠はもちろんのこと、普段使っていない部屋や、近所から死角になっている小窓は特に、鍵の個数を増やすなど、改めて厳重な戸締りが必要です。

年間 6 万件というのはあくまで認知件数です。運よく物が盗まれず、侵入されたことに気が付いていないだけ、なんてこともあり得るのです。

記事空き巣はどうやって留守を確認してるの?外出時には注意!

泥棒が侵入しやすい時間帯とは

住宅侵入被害には、留守を狙った「空き巣」、深夜住人が寝静まる時間帯を狙った「忍び込み」、そして住人が通常通り生活している時に起こる「居空き」の 3 種類があります。人々の生活時間に合わせている特徴からも容易に想像がつきますが、「空き巣」は午後 2 時から4 時ごろまでの間、「忍び込み」は午前 2 時から 4 時ごろが多発する時間帯です。

しかし、この多発する時間帯というのは、「あえて言うと」であることを忘れてはなりません。夜でも電気がついていなければすぐに留守と分かる為、深夜を狙った空き巣も後をたちません。

まして「居空き」は、家族全員がそれぞれの部屋にこもる時間や、食事などで住人が一カ所に集まる時間など、その家その家によって、狙われやすい時間帯は異なります。

事実、住宅侵入被害の発生件数は、3 種類のトータルで見ると、時間帯による差はそれほどありません。狙うと決めた家には、1 週間以上も前から張り込み、犯行の計画を立てる泥棒もいるそうです。

家の間取りを把握し、住人の生活リズムを観察し、逃亡ルートを確保する…住人が無防備であればあるほど、計画は緻密なものになり、スムーズに事が進むのです。世間的に見た狙われやすい時間帯や習慣ではなく、あくまで自宅の危険な場所や習慣を把握することが大切です。

犯罪であることは大前提ですが、泥棒もその道のプロだということを認めなければ、防犯対策は始まりません。

記事こんな家が狙われる!泥棒が侵入しやすい条件とは?

泥棒を撃退する為の防犯商品おしえます

侵入に 5 分以上かかれば犯行を諦めるということは、5 分だけ侵入できない家にすれば安全性が高まるということでもあります。

まずは、泥棒が嫌う、音と光での防犯対策が重要です。犬がいる家や、庭に石が敷き詰められている家、大通りに面している家を泥棒が避けるのは、音や光によって、自分の存在が住人のみならず周囲に明らかになることを恐れているためです。

現在では犬や庭の石、街灯に変わるものとして侵入検知センサーも存在しています。侵入すればアラームが鳴ったり、通るだけで光がついたり、携帯に通報がされたりと、価格も機能に応じて変わり、選択肢が広くおすすめです。

実際に、住宅侵入に関わるある調査では、泥棒が防犯用のセンサーに気が付き侵入を断念したという回答が、7 割近くにおよんでいます。

次に、鍵や窓の防犯強化です。鍵をコピーやピッキングのしにくいものへの見直したり、窓を割れにくい素材に変えたりすることが代表例ですが、それらは金銭や借家などの理由から簡単に導入できるとは言えません。その場合は、ホームセンターや通販で簡単に手に入る補助錠や、窓にはる防犯フィルムなどで代用しましょう。

これらの対策は、玄関や大きな窓だけでなく、通りに面していない死角や、深夜住人がいない部屋などにも必要です。やみくもに数や質にこだわらず、リスクに見合った設置を行わなければなりません。

防犯グッズにはレンタルの防犯カメラもあります。

今後の防犯対策、泥棒から身を守る為に

抱えているリスクを把握し、侵入しにくい家を目指すことは、自然と泥棒が近寄りたくない家になっていくことにもなります。こまめな施錠習慣や、手ごろな防犯商品での対策の積み重ねが、泥棒に防犯意識の高さを示すのです。泥棒の話を新聞やテレビで見ても、どこか人事のように感じ、「うちには盗まれるものなどなにもないから大丈夫。」と、ついこのようなことを言ってしまいがちです。

そんな時には、守るべきはお金や宝石だけではなく、自分や家族の身、パソコンなどの家電や、写真や住所録などの個人情報、今の生活を彩るあらゆるものが対象なのだということを思い出してください。

え?まだ、対策されていませんか?一般戸建て住宅の防犯対策は、仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。