【ワイヤレス】配線不要な防犯カメラの特徴とは

配線




巷にあふれる防犯カメラ、その中の1つにワイヤレスカメラというタイプがあります。

ワイヤレスカメラとは何か?メリットやデメリットは?どんな場所に設置するのが最適?ワイヤレスカメラの基礎知識を解説します。

ワイヤレスカメラとはどんなカメラ?

防犯カメラをネットで検索すると、多種多様のカメラが何千・何万とヒットします。その中でも、人気を呼んでいるのがワイヤレスカメラ。

防犯部長まさる
ワイヤレスカメラとは、アナログで録画した映像をデジタル信号に変換して電波で飛ばします。それを専用の機器で受信して、TVなどに接続(専用のモニターの場合もある)して映像を見ることのできるカメラです。
ワイヤレスカメラと同じ機能があるカメラたち
似たような名のカメラで、無線カメラやネットワークカメラなどがあります。

  • 無線カメラは   :ワイヤレスカメラとほぼ意味は同一。
  • ネットワークカメラ:受信機不要で、インターネットに接続が可能。

どのカメラも、カメラと受信機(録画装置)、あるいはカメラとスマートホンやPCなどをケーブルでつなぐ必要がない点は同じです。

ワイヤレスカメラのメリットデメリット

ワイヤレスカメラを選ぶメリットは、設置のしやすさです。

これまでのカメラでは、通常カメラと受信機との間は同軸ケーブルという線で物理的に接続しなければいけませんでした。このため、設置場所によっては壁に穴を開けて線を屋外から屋内に通すなどの工事が必要で、設置場所が限定されたり工事費用がかかったりしていました。

防犯部長まさる
ワイヤレスカメラはその名の通り、ケーブルが不要のため、工事が不要でどこにでも簡単に取り付けられます。

受信機を切り離しているので、カメラ本体は非常に小型化できます。目立たずに監視をしたい場合に最適です。

デメリットは、設置場所によって伝送距離や品質に差が出てしまうこと。ケーブルよりも品質が不安定な電波を使いデータを送信するためです。24時間監視の目を緩めることが許されない場合には不向きです。

ワイヤレスカメラ設置が適した場所、そうでない場所

では、ワイヤレスカメラは、どのような場所への設置が適しているのかを解説します。

ケーブルでカメラと録画装置をつなぐタイプの防犯カメラは、確実に高品質の映像を送ることができます。その点から

  • 警備会社が提供する警備システム
  • 警備範囲が広いビルやマンション
  • 複数のカメラを同時に設置する監視システム
  • 厳重な監視が必要な場合

これらに適しています。

それに対してワイヤレスカメラは、電源さえ確保できれば場所を選ばず設置ができるというメリットと、画像の品質が場所により一定ではないというデメリットを考慮し、

  • 品質が一定でなくても問題にならない一般家庭
  • 長距離の送信を行なわない小規模な施設

これらに向いています。

つまりワイヤレスカメラ、大規模なシステム環境での使用よりは、家庭用の防犯カメラシステムに向いているカメラだと言えるでしょう。