できてますか?マンションの不審者対策

マンションというと一軒家に比べて防犯面でも安全なイメージがどこかあります。

特にオートロック式マンションは安全という意識がおのずとあり、防犯について考えない住民も多いことから逆に空き巣に狙われやすくなる傾向にもあります。

今回はマンションの不審者対策についてお話します。

スポンサードリンク

意外と多いマンションの空き巣被害

マンションは鍵一つで外出できますから一軒家に比べ、防犯面でもどこか安心してしまいがちです。「防犯対策なんて特に考えたこともなかった」という人もいるほどです。

しかし、そんなマンションだからこそ空き巣に狙われやすい面もあるのです。一軒家はどうしても空き巣にあたっては周囲の目がありますから、近所の人に発見されればたちまち通報されてしまいます。

しかし、マンションの場合、現代では隣にどのような人が住んでいるのかもわからないという状況ですから何か異変があってもとりたて周囲の人間が気にも留めないということが多いのです。

また、宅配業者など日々様々な人間が出入りしていますからあまり不審に思われない傾向にあるというのも防犯面ではネックとなります。

低層階の住民は注意

マンションの低層階、特に1階・2階に住んでいる住民は注意が必要です。簡単に不審者がベランダから窓を打ち破って、或いは窓が開いていることをいいことに入ってくるという事例もあります。

特に低層階に住んでいる方は防犯フィルムを貼る・施錠チェックを常に厳しくしていくといった防衛をしていくことが不審者を寄せ付けないポイントです。

監視カメラの取り付け、住民同士で協力する

多くの通常のマンションでは監視カメラが取り付けられていないケースがほとんどです。このようなマンションは空き巣にも狙われやすくなり、被害が何件も続出するといったケースがあります。

特にマンションは午前中など人気の少ない時間に空き巣に狙われがちです。できるならば監視カメラを取り付けるといったことで不審者対策をしていくのがベストです。

また、何か不審者と思われる人物のうろつき・異変を感じた場合は警察と大家に相談するといったように日頃からマンション住民で結託して不審者をマンション敷地内に入れさせないようにする環境作り、対策をしていくことも必要です。

子どもが多いマンションでは不審者が子どもを狙った性犯罪を犯す場合もあり、注意が必要です。

常に目が届く場所で遊ばせる、知らない人に声をかけられても反応しないといった風に子どもにも注意喚起をしていくようにしましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。