収納式の面格子で窓からの侵入を防げる?

空き巣の侵入経路として1番多いのが窓ですが、あなたの家の窓はきちんと防犯されていますか。パッと見て防犯がされている!という家の方が犯人は入りにくいですよね。

そんな威嚇効果もある窓の防犯の1つ、面格子を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

面格子にはどんな種類があるの?

面格子にはどのような種類があるのでしょうか。

縦格子の面格子、ヒシクロス面格子、ステンレス製面格子、可動ルーバー面格子、収納式面格子です。縦格子の面格子は、値段も安くポピュラーなものです。しかし値段も安い分、防犯性も低くなっています。

ヒシクロス面格子は、斜めにバーを渡してクロスさせたものです。ステンレス製の面格子は、その名の通りステンレスでできていて強度があります。しかしその分お値段もそれなりに高くなっています。

可動ルーバー面格子は、面格子の羽根の部分が可動式になっていて、目隠ししたい場所にオススメです。

収納式面格子は、窓シャッターのように、上部の小型のシャッターに格子を巻き上げて収納できるものです。

素材は、ステンレスが強度がありますが、他にアルミや鋳物などがあります。色は様々なテイストがあり、自分の家の雰囲気に合ったものを選ぶことができます。

どんな場所につけるべき?

面格子はどのような場所に取り付けるのが良いのでしょうか。

基本的には死角になりやすい場所に取り付けることをオススメします。雨戸などを取り付けられない窓や、トイレ、お風呂場、洗面室、クローゼットに取り付けることが多いです。

また、見逃しがちな2階部分でも、室外機や物置などを足場として行けるような窓には取り付けを検討したほうがいいでしょう。

近年注目の収納式面格子の効果のほどは?

比較的新しく取り扱われるようになった収納式面格子は近年注目されています。面格子は防犯性が高まったとしてもやはりあるだけで圧迫感があり、気になってしまいますよね。それが収納式の場合には、隠すことができるので便利です。

防犯効果のほどはどうなのでしょうか。収納式面格子は、仕様によっても変わりますが、格子を1番下まで下ろすと、ロックが自動でかかる仕様であったり、特殊キーを使用しているなど防犯性も高いです。

リフォームで後から取り付けも可能ですので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。