「空き巣対策に!防犯フィルムの貼り方、伝授します」

空き巣や泥棒による窓ガラスの打ち破り、焼き破りというものを聞いたことはありますか。

空き巣や泥棒はターゲットの家に侵入する際に窓ガラスを器具を使って叩き割って侵入したり、強力なガスバーナーなどでガラスを焼き破って侵入する事もあるのです。

ただの戸締りのし忘れで侵入されることよりも空き巣・泥棒被害としてはこういったケースが多いのが現状とされています。

スポンサードリンク

防犯フィルムをご存知ですか

ニュースで日々取り上げられる空き巣被害の様子を見ていて「うちもどうにかして防犯対策をきちんとしないと・・・」と思う方も多いと思います。現代の防犯対策は戸締りをしっかりする程度ではもはや防ぎきれないというのが本当のところです。

どんなに戸締りを気をつけて、確認して出かけても空き巣は自宅のあらゆる窓ガラスを打ち破ったり、焼き破ったりして無理やりにでも自宅に侵入してきます。

特に侵入されやすいのは人目につきにくい位置にある窓ガラスです。そう考えるととても恐ろしい話ですが、空き巣対策のための防犯用品のうち今回注目したいのが窓ガラスの打ち破りや焼き破りを防ぐ「防犯フィルム」です。なんとなく「防犯フィルム」という言葉は聞いたことがあるという方もいるでしょう。

防犯フィルムは窓ガラスにフィルムを貼ることで空き巣の打ち破りや焼き破りにより窓ガラスを破損させにくくさせる効果があるものです。

たとえ窓ガラスが割れてしまっても侵入できるくらいまで割れるまで時間がかかるので、空き巣は諦める可能性があります。

割れるまで時間がかかるということはそれだけ周囲に目撃される可能性もあるということで、人目につくことを嫌う空き巣や泥棒は犯行に時間がかかりそうな場合は撤収してしまうのが普通です。

防犯フィルムを購入しよう

窓ガラス用のフィルムはUVフィルム、断熱フィルムなど様々な種類のフィルムが出ています。

あくまで購入するのは「防犯」フィルムです。UVフィルム等を購入しても防犯に特化したフィルムではありませんからこれでは意味がありません。

そして購入する際に気をつけていただきたいことは窓ガラスの種類に合ったものを購入することです。自宅の窓ガラスがどのような種類のか調べてから購入することをおすすめします。

また、大きさとして大きいほど窓ガラスを突破されにくくなります。フィルムの厚さも厚みがあるほど突破されにくく、割るのに時間がかかります。

防犯フィルムを貼ろう

防犯フィルムを貼る際は基本的にはフィルムに添付された貼り方の説明をよく読み、説明書通りに丁寧に貼っていくことで十分な効果が期待されます。

防犯フィルムを貼る際に特別に用意してほしいものが、霧吹き、キッチンペーパー、中性洗剤、水道水、ヘラです。フィルムを貼る前は窓ガラスを綺麗にしてから貼るようにしましょう。汚れた状態でフィルムを貼るとフィルムがはがれやすくなったり、うまく貼れなくなります。

またフィルムを貼る際にはどうしても気泡が入ってしまいますからヘラで気泡を押し出しましょう。気泡を押し出すことで綺麗にぴっちりとフィルムを貼ることができます。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。