犯人は同じ会社の人!あなたがするべきストーカー対策とは

ストーカーは職場内でも起こります。同じ会社の人がストーカーだとなかなか逃げられず、個人情報も簡単に知られてしまう、周りに相談しづらい…そう悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は職場内でのストーカー対策について考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

社内ストーカーは厄介?!

同じ会社内で好きでもない人に好意を寄せられていると困ってしまうもの。しかも度が過ぎるとストーカー的行為がエスカレートすることがあります。

職場が同じだと頻繁に顔を合わせる機会があり、話したくなくても話をしなければならないこともあります。

先輩や上司という立場を利用して不必要にあなたに接近することも。自分の立場を考えると無下に拒んだりできず、それを「拒否されていない」と捉えられ事態は悪化する可能性もあります。

社内ストーカーは証拠が残りにくいことが特徴で、証拠がないとなかなか警察に相談もできません。簡単に解決できないのが社内ストーカーの厄介な点なのです。

あなたがするべき行動

まず大切なことはあなたが毅然とした態度をとることです。相手の方が立場が上でも躊躇する必要はありません。仕事は仕事とし、業務に最低限必要なコミュニケーションは取りつつも、それ以外のやり取りはしない、プライベートなことは話さない、など曖昧な態度をしないことで相手には「NO」であることが伝わります。

また二人きりにならないように注意しましょう。帰る際も相手についてこられないように、他の人と帰るようにすると安心です。

ただ相手によってはあなたがそのような態度をすることによって、逆恨みをしたり行動が過激になる人も。

そんな時の対策として、相手より上の立場の第三者に相談すると良いでしょう。部署を変えてくれたり配慮してくれることもあります。心強い味方がいれば相手も手を出しにくくなります。

自宅の対策もきちんとして!

ストーカーが同じ会社だとストーカーはあなたの連絡先を簡単に手に入れることができます。住所が分かってしまうと、自宅まで押し寄せる可能性があることを念頭に入れておきましょう。仕事が終わり会社から離れてホッとするのではなく、自分の身を守るための防犯ブザーを携帯しておきましょう。

万が一に備えて防犯カメラを設置しておくと安心です。警戒心を常に持っておくこと、きちんとした対策をし相手に隙を見せないことで、ストーカーが犯罪行為を行うことを抑止する効果があります。

社内におけるストーカーは簡単に解決できない難しい問題です。悪化させないためにもきちんとした対策を取ることが大切です。1人で悩んで解決しようとせず、大きな被害にあう前に味方をつけて解決するようにしましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。