絡み合った糸を解くのは、専門家の仕事です

ストーカー規制法が施行されて以来、警察も漸く対策に本腰を入れるようになりましたが、現状はまだまだ不十分です。

本来ストーカーへの対処は1人1人違うもの。あなたとストーカーの絡み合った糸を解くには、専門家の助けが必要なのです。

スポンサードリンク

ストーカーとあなたの関係は、絡み合った糸です

ストーカー行為とは、同一の者に対し、つきまとい等を繰り返して行うことを言います。ストーカー規制法の施行以来、漸く警察もストーカー対策に本腰を入れるようになりましたが、それでもまだまだ不十分と言わざるを得ません。

ストーカー行為を行う者、いわゆる「ストーカー」には様々なタイプがあります。恋人や夫婦など関係者がストーカーと化す「恋愛・復讐型」、芸能人など目立った人をターゲットにする「タレント型」、妄想と現実の区別がつかなくなっている「妄想型」などです。

同じく、ストーカーが被害者に対して行うストーカー行為も様々ですので、対処の方法も本来は1人1人違う筈なのです。

しかし、ストーカー規制法では、ストーカーに遭った場合の対処方法は画一的です。法律なので仕方がないのですが。

もし、あなたがストーカー行為にあっており、対処の方法が分からない場合、あるいは対処をしたものの、逆に行為がエスカレートしてしまった、という場合は、迷わず専門家に相談することをお勧めします。
ストーカーとあなたの関係は、絡み合った糸です。絡み合った糸は自分の力だけでは簡単に解けないのです。

誰に相談するべき? まずは警察

では、ストーカー被害にあった時、相談するべき専門家とは誰でしょう?まず、最初に相談するべき相手は「警察」です。

といっても、最寄の交番にではなく、警察署にある「ストーカー対策窓口」にです。各県警には相談窓口がありますので、まず電話をかけて相談しましょう。

ここで注意点なのですが、警察は明確な証拠がないと、すぐに動いてはくれません。ですから相談する際、証拠が揃っていればいる程いいのです。証拠としては、防犯カメラの映像、ICレコーダーの録音記録などがあれば十分です。

もしそのような証拠がない場合は、どのような証拠を揃えればいいかを確認しておきましょう。そして「相談する」という実績もまた、ストーカー行為の証拠となります。その時点で動いてくれなくても、回数を重ねることで実績が積まれていきます。動く、動かないは別にしても早めに相談しておくことが何より肝心です。

ちなみに宮城県では、緊急の場合は110番、それ以外は宮城県警察署生活安全課に連絡するようにとのことでした。

  • プッシュ回線電話
  • #9110

  • 電話番号
  • 022-266-9110
    (H28年現在)

    次は探偵事務所・弁護士など

    次に相談すべきは、「弁護士・探偵事務所」です。

    弁護士は、ストーカーに対し法的手段(内容証明や代理交渉、民事裁判など)で対抗してくれる他、警察を動かすためのノウハウ(証拠の取り方や同伴での警察への相談)を教えてくれます。また接近禁止の仮処分など、裁判所を動かす力も持っています。費用はかかりますが、ストーカー対策には有効です。

    弁護士を選ぶ際には、知人に弁護士の知り合いがいれば、まずその人に相談しましょう。その方がストーカー対策に詳しくなくても、ストーカー事案に強い弁護士を紹介してくれます。知り合いがいないなら、無料の法テラスなどで紹介してもらいましょう。

    探偵事務所は、警察を動かすために必要なストーカー行為の証拠集めを行ってくれます。尾行など探偵事務所ならではのノウハウで、ストーカーの行動を把握できれば、見えない恐怖と戦わずに済みます。

    費用は事務所により差があるため、選ぶ際にはきちんと下見をし、調査内容もしっかり確認してから契約するようにしましょう。

    スポンサードリンク



    コメントは受け付けていません。