防犯でセンサーライトをつけるならソーラーが経済的!

空き巣が苦手とするのは音と光。この光を利用して空き巣を威嚇するセンサーライトで防犯対策をする場合にはどのような点を考慮すると良いのでしょうか。

スポンサードリンク

センサーライトの効果のほどは?

センサーライトは、簡単に言うと人や動物などが行き来することによってライトが自動的に点灯するものです。なかには、周囲の明暗や熱量に反応して点灯するものもあります。

このセンサーライトは自動的に点灯し、自動的に時間が経てば消灯するので、消し忘れもなくてエコです。防犯効果以外にも、夜間の玄関先の明かりなどに使用している住宅も見かけますね。このセンサーライトですが、効果のほどはどうでしょうか。

空き巣は音や光が嫌いです。もし犯行の途中で自分が照らされたら、存在を周りにばれてしまわないかという心理的効果で逃げてしまう場合もあるでしょう。センサーライトで照らされてもやめない場合でも、周囲の人に不審者がいると気づかせることができる効果があります。

センサーライトの選び方

防犯対策に使用するセンサーライトはどのようなものを選ぶべきでしょうか。センサーライトにはコンセント式と乾電池式とソーラー式があります。

コンセント式は1番一般的で、延長コードなども利用することで設置場所もあまり選びません。しかし、もし屋外に電源のコンセントがない場合には、工事が必要です。乾電池式はコンセント式のような配線が不要で設置場所が簡単に選ぶことができます。しかし、電池切れになってしまい、気づかないということもありえます。

ソーラー式は太陽光発電ですので経済的です。しかし太陽光発電なので、大きさやものにはよりますが、工事が必要になる場合もあります。選び方は、どの方式でも、明るさの調節や点灯時間が選べるものが便利でしょう。夜間には明るい光を空き巣に浴びせられ、昼間はそこまで光らないように調節できるものがいいですね。

また、侵入者を威嚇するフラッシュ機能がついているものも効果が高くおすすめです。さらに、センサーライトがどの範囲まで照らすことができるのか、その範囲も調節できるものだと良いです。

プラスアルファとして、音が鳴るものもありますので、ONとOFFができるものを選び、夜間だけONにするなどしてさらに防犯性を高めるのも良いかもしれません。屋外に使用する場合には防水機能であるかも重要です。

センサーライトはソーラーが経済的で便利!

センサーライトですが、選んだはいいけど、実際に使用するとなると月々の電気代が気になりますよね。そういった場合には、ソーラータイプがオススメです。ものによって初期費用が多少かかったとしても、月々の電気代は浮きますし、コンセント式のように電源がある場所を探したり、コードがかさばったりしません。

また、乾電池式のように電池が切れて気づかなかったということもありません。さらにLEDにすることによって、故障しない限りなかなか交換する必要がなくなり、とてもエコです。センサーライトを考えているのであれば、ソーラーを視野に入れても良いかもしれませんね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。