ソーラー式センサーライトのすすめ

障子のような文化は日本独自のものです。隣の部屋のとの仕切りが紙一枚というのは、世界規模で考えるとかなり特殊なものです。紙一枚なのですから。破ってしまえば隣の部屋が丸見えなわけです。

今では少なくなってきましたが、障子が主流だった昔は出かけるのにわざわざ鍵なんてかける人はいませんでした。でかける時も、眠る時だって戸口は開けっ放し。

しかしとうとう日本の防犯意識も海外のように高いレベルで持たなくてはならなくなってきました。

犯罪の凶悪化や、ストーカーなどをはじめとした不審者の増加がいやがおうにも私達の防犯意識を高く持たせる原因となりました。

様々な防犯対策

防犯意識が高くなるにつれて様々な商品が発信されたり、進化したりしました。

まず鍵は、当初のシンプルな形状から離れ、複雑な形を成すようになってきました。

形もオーソドックスな鍵の形だけでなく、カードタイプのものだったり、指紋認証、顔認証、静脈認証、音声認証など、様々に進化してきました。

最近ではスマートフォンの中に電子キーを内蔵したりもできるそうです。

簡単な防犯対策

家にその日の内に設置することができる比較的効果のある防犯対策として、センサーライトを挙げることができます。センサーライトとは動く物体を察知して、照明を照らす器具のことです。

自動で点灯してくれるライト、というとらえ方をしている人もいますが、防犯対策としても効果があります。

空き巣や不審者は、民家に侵入しようとするとき、とにかく目立つのを嫌います。夜間、誰にも気づかれないうちに迅速に侵入しようとするのです。

当然目立つことを嫌うので、急に照明に照らされたりすると、萎縮して犯行を断念することがあるのです。

この効果を期待して駐車場や庭にセンサーライトを設置している人が多いです。

また、センサーライトを設置することで「この家は、防犯意識が高い家だ」と思わせることができるのです。

ライトに照らされても諦めずに犯行に及ぼうとする不審者にも、「もしかしたらこの先にも他に何かあるのでは?」と思わせることで、相手を萎縮させることができます。

このセンサーライトはホームセンターなどで安価で売ってるので、思い立ったその日に設置することができます。

お手軽ゆえの弱点

センサーライトは設置はお手軽ですが、電池式の場合充電が切れると全く効果をなさないのが短所です。動くものがあれば、人間でも猫でも反応するので、電池も余計に消耗してしまいます。

そんな時に有効なのがソーラー式のセンサーライトです。昼の間の日光で蓄電し、夜間のセンサーライトの電気にします。

天気が晴れている以上必ず毎日充電できるので、当然長持ちし、万が一の時に作動しないようなこともありません。

是非一度お試しください。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335