多発する万引き被害。万引き対策できてますか?

近年の万引き被害は深刻なものがあります。個人店に至っては甚大な万引き被害から閉店にまで追い込まれる店もあるほどです。

今一度店内の万引き対策について振り返ってみませんか。防犯カメラだけに頼らず少しでも万引き対策を実践していくことが重要といえるでしょう。

防犯カメラの効果的な設置

万引き対策で防犯カメラを導入している店舗が現在大型店舗・個人店舗問わず多くなっています。

防犯カメラが作動しているというだけで万引きをしようという心を抑制することもできますし、いざ万引きをされた場合も証拠として映像を残すことができるので非常に便利です。

しかし、そんな万引き防止対策に有効な防犯カメラでも設置方法が正しくなければ意味がありません。

防犯カメラを設置する際は死角になり、万引きを誘発しそうな場所に撮影対象となる人物の顔・動作がしっかりと写るような角度で設置するようにしましょう。

また、ただ防犯カメラを作動させるだけと防犯カメラが作動していることを客に知らせるか否かでは万引き抑制効果も違ってきます。売り場内に防犯カメラの映像をモニターとして出したり、「防犯カメラ作動中」といったポスターを店内のあちこちに貼ることでも効果があります。

積極的な声かけを

万引き防止のために防犯カメラ等の機器導入も重要ですが、何より重要なのが店員による「万引きさせない店づくり」が大切です。あるデータでは店員が客に対して挨拶や声がけを積極的に行うようにしたところ万引きが減ったというデータもあります。

ですから、すれ違いざまに「いらっしゃいませ」「何かお探しのものがございましたらお申し付けください」といった声かけをするようにすることで万引きしにくい店づくりをすることができます。どうしても店員も仕事に集中していると客への声がけが少なくなってしまいます。

また、声かけと同時にしてほしいのがアイコンタクトです。相手の目をしっかり見て声をかけるのは万引き抑制にも非常に効果的です。

また、商品整理もかねて順次店内を店員が巡回するようにするのも万引き防止になりますので徹底して取り組みたいところです。

こまめな商品点検・整理を

万引きが多い大型店舗を訪れると店内整理ができていないというケースによく出会います。

薬局などの場合、テスターが汚く放置されていたり、商品もぐちゃぐちゃで整理できていないといったケースがよく見られます。多数の商品を扱う店舗は全ていつも綺麗に商品整理するのは難しいというのが本音でしょう。

しかしながら、この商品整理できていない乱雑な状態こそが万引き犯から見れば「万引きしてもバレないだろう」という心の隙を生み万引きに走らせるのです。

逆にきちんと商品整理がされた店舗であれば、常に店員が商品を綺麗に整理整頓していることが売り場から伺えますから万引き犯にとっても簡単に万引きすることは難しい、店員の目があるかもしれないと思いとどまる可能性が高いのです。

売り場は清潔か、きちんと整理できているか確認するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335