万引きさせない!店舗の万引き防止対策3つ

万引きは多くの店舗にとって頭を悩ませる永遠の課題ともいうべきものです。

経済状況の悪化と共に万引きは近年ますます増えており、各店舗も万引き防止対策を考慮する日々が続いています。

万引き防止に効果的な方法を3つご紹介します。

防犯カメラの設置

近年は個人店、チェーン店問わず防犯カメラが採用されています。防犯カメラを取り付けていればとりあえずは安心という風潮もありますが、ただ防犯カメラを取り付けているだけでは十分は防犯効果が得れるとは限りません。

防犯カメラを設置する箇所は売り場の他にも出入り口、駐車場など客の出入りのある場所にも必ず取り付けるようにしましょう。防犯カメラを取り付ける上で大切なのは撮影対象者の顔がはっきりと認識できるかどうかです。

せっかく防犯カメラを設置していても撮影対象者の顔が遠ければ事件があった際に特定しにくいですし、しっかりと顔が映る位置に設置するよう心がけてください。

また撮影された映像は一定期間保管するようにし、カメラのアングル調整、レンズの清掃なども心がけるよう努めてください。

しかし、防犯カメラを店側が回しているだけでは効果的とはいえません。レジ付近に店内の防犯カメラの映像をコマ割りにして映し出し、監視性の高さを客にアピールしましょう。

「防犯カメラ作動中」のポスター表示なども効果的です。

タグシステム

人気商品、高額商品、何気なくカバンやポケットに入れられそうな商品は防犯タグをあらかじめつけて販売するのも良いでしょう。これらのタグがつけられた商品はレジで精算せずにゲートを通過して外に持ち出すと警報音を発します。

ドラッグストアの化粧品などは小さくコンパクトなものが多いため、簡単に万引きされてしまいます。

人気商品などはこのような防犯タグであらかじめ万引きをできないようにしておくことが被害を最小限にしてくれます。タグをつけると同時にこのような防犯タグがついている旨の表示も店内にしておくとなおのこと万引き犯は諦める可能性が高くなります。

鍵つきショーケース

高額商品等、万引きされた場合に被害が大きい商品はあらかじめ鍵つきのショーケースに入れておくようにしましょう。客から店員に声かけがあった場合だけショーケースを開け、商品を取り出すようにすれば高額商品を万引きされる恐れはなくなります。

特に高級化粧品や香水などは近年、万引きされて転売されるケースも多くこのような形で販売するのが望ましいといえるでしょう。

ケースにまで入れる予算がない場合は紙に商品写真をプリントしたタグを作ってレジまで持ってきてもらうというシステムを導入するのも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335