防犯カメラってどのくらい長持ちするものなの?

防犯カメラを設置したいけれど、どのくらい長持ちするのか気になりますよね。

せっかくつけたのに、すぐ壊れてしまった!となってしまったり、結構な年数が過ぎてしまっていて、実は壊れていた・・・なんてことも。耐久年数を知って定期的に見直していきましょう。

防犯カメラの耐久年数って?

防犯カメラは設置してからどのくらい持つのでしょうか。店舗などで購入した場合には、減価償却と関係して6年だと言われています。

しかし、実際の防犯カメラの耐久年数はメーカーやモノによりますが、5~10年くらいです。10年と聞くと長いように感じますが、意外とあっという間です。

防犯カメラは長年使用していると、画像がだんだんと荒くなってしまいます。

この画像が荒くなるのは、CCDという部分が徐々に劣化していくためです。この劣化は機器ですので防ぎようがありません。

ですので、画像が荒くなって見えにくいなあと思ったら、もう本体もしくは部品の交換の時期なのです。

耐久年数よりも早く壊れる原因って?

防犯カメラをせっかく設置したのに、一般的な耐久年数よりも早く壊れてしまった場合は何が原因なのでしょうか。

まずは、安い防犯カメラを利用してしまったことが挙げられます。

安くても良いものはたくさんあるかと思いますが、信頼の置けるところから購入、またはレンタルせずにすぐ壊れてしまったということがあります。

また取り付け工事の際に、工事費用を削減してしまったなどの理由から工事方法があまり良くなかった場合にも壊れてしまいます。

防犯カメラの本体以外に使われる部材などが安価だった場合に、例えば配管の部分が劣化して亀裂が入り、それに伴い配線も劣化し、ショートしてしまい壊れてしまいます。

それ以外にも、直射日光に防犯カメラが当たって高温になり、部品が壊れてしまったり、防水の処理がきちんと行われていないために雨水などが侵入して壊れてしまったりといった事例もあります。

防犯カメラだけの問題ではなく、人災で故障してしまう場合も大いにありうるのです。

より長く使用するためにできることとは?

防犯カメラだけの寿命では無く、人災で故障してしまうのは嫌ですよね。それを防ぐにはどのようにしたら良いのでしょうか。やはり工事費用をケチらないことが大切です。

直射日光が当たりやすい場所であれば熱がこもらないように日除けなどの工事をきちんと行ったり、屋外であれば雨水などから守るために専用の屋根などの工事を行うことが大切です。

信用のおける防犯カメラ販売店や施工してくれる業者を選び、より長持ちさせられるようにしましょう。

また、作動しているのかどうかの定期的な点検をし、古くなっている部品があれば交換して保っていけるのが理想ですね。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335