今日から始められるセンサーライトを使った防犯対策

あなたの家ではどのような防犯対策をとっていますか?防犯意識の高い方は警備会社と契約して監視カメラを設置したり、非常時には自動的に連絡が行って警備員が最寄りの待機所から駆けつけてくれるような方法を取っている人もいますね。

色々と物騒な時代です。あなたの家は大丈夫ですか?

空き巣が選ぶ家

統計的に 空き巣に狙われやすいのは圧倒的に一軒家です。表通りから離れている一戸建て住宅が一番ターゲットになりやすいのですが、理由は言うまでもなく「一目につきにくい場所だから」ですね。

空き巣はとにかく目立たないように行動します。「一目につかない立地」や「動いても目立たない時間帯」を調べて一目を縫いながらターゲットに向けて動いていきます。

塀に囲まれているような家で、入口の門もしっかりと常に閉じているような作りならば、なかなか侵入は難しいですし、そもそもそんな家には空き巣はよほど狙っているものがないかぎり入ろうとしません。

一般的な一戸建てだと玄関の前に門があっても、簡単に乗り越えられる防犯性の低いものですし、門に鍵をかけていない方もいるのではないでしょうか。鍵をかける以外の防犯対策をまだとってない方がいるなら、簡単で効果的な方法があります。

まずはセンサーライト

最近はホームセキュリティのCMも多くテレビで見かけるようになり、欧米に比べてそこまで進んでいなかった我々の防犯意識もだんだんと高くなってきました。しかしいきなりホームセキュリティを契約するのも・・という方もいるはずです。

取りあえずはセンサーライトを取り付けてみてはいかがでしょうか。設置してコンセントにさすだけなので、ホームセンターで購入すれば今日からでも行える防犯対策です。乾電池で動くものもあります。

センサーライトとは人が近づくと反応して周囲を明るく照らす防犯器具です。近づいてきた物体の動きだったり、熱量に反応して自動的に電源が入り証明がつきます。その光で家の住人や周囲の人々に不審者の侵入を知らせてくれます。

そしてこのセンサーライトの本来の用途は、不審者の侵入を知らせることではなく、侵入者にプレッシャーを与え犯行を断念させることにあります。

前述の通り空き巣はとにかく一目を避けようと行動します。足音を忍ばせてこっそり侵入しようとしている時に急に照明に照らし出されると、当然実行を躊躇します。

また、センサーライトを設置しておくことで、侵入者に「ここはセキュリティに関してはある程度意識している家だ」と知らせる効果があります。センサーライトを気にせずにさらに侵入しようとしても、「もしかしたらその先にさらに別のセキュリティシステムを設置しているのでは?」と考えさせる抑制効果が期待できるのです。

センサーライトを選ぼう

一口にセンサーライトといっても色々なものが売ってます。金額も5万円くらいするものから、ホームセンターの安売りで1000円以下で売っているものまで。

設置する場所によっても判断しなければなりません。屋外に設置するならば当然防水加工されているものがいいでしょうし、その場合コンセントを引くための工事が必要になる場合もあります。

乾電池式の設置が簡単なものもありますが、肝心な時に「電池が切れていました」では笑い話にもなりません。切れるのは電池だけでなく、ライトも消耗品です。ハロゲンタイプのものから、白熱電球やLEDタイプまで。

この中ではLEDタイプが消費電力も少なく寿命も長いと言われています。また、センサーによって探知する範囲も違います。探知してほしい範囲をしっかりカバーできるセンサーを選ばなくてはなりません。自分の環境と希望する効果をしっかりと把握して選択しましょう。

自分な大事なものを守るために

奪われるものが庭に止めていたバイクだったりするのはまだいいかもしれません。もしかしたら自分の大事な人がターゲットになってしまう可能性もあるのです。簡単な対策ではありますが効果は期待できます。

まずはご自分の環境のセキュリティをもう一度考えてみては?

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335