監視カメラの機能とその選び方

皆さんの家には監視カメラは備え付けられていますか?

マンションに住んでいる方とかなら入口やエレベーターの中に監視カメラが設置されていることも一般的ですが、最近では自宅に数か所監視カメラを設置する人も増えてきています。

ではどのように監視カメラを選んでいけばいいのでしょうか。

スポンサードリンク

監視カメラも一般化してきた

これまでは自分の家に監視カメラを設置するような人は少なかったですし、その必要性もあまり感じてなかったかもしれません。

しかし時代は移り変わり、残念ながら犯罪は凶悪化してきています。今現在私達が暮らしている町にも不審者は存在するかもしれませんし、凶悪な事件が起こってしまう可能性だって十分にあります。

自宅の中だって決して完全に安全なわけではありません。油断していると家の中にまで不審者は侵入してくる恐れはあります。自分や、自分にとって大切な人の身は自分達で守っていかなくてはならないのです。

そのような中で「監視カメラ」の普及が進んできました。町の中にも増えましたし、自宅に設置する方もどんどん増えてきています。種類も増え価格も落ちてきました。ここでいくつかの種類を紹介します。

  • 箱型監視カメラ
  • 最も一般的な監視カメラです。長方形の箱型をしており、見ただけで監視カメラとわかるものです。見ただけで監視カメラとわかるので、不審者を威嚇するにはうってつけと言えます。

  • ドーム型監視カメラ
  • 天井に張り付いている半球の形をした監視カメラです。コンビニや銀行にはこのタイプのカメラが設置されていることが多いです。マイクが内蔵されているものもあります。

  • 小型監視カメラ
  • 手の中にすっぽりとおさまってしまうほどの小型カメラであり、持ち運びも簡単です。映像や音声を本体自体に録画録音する機能がついていますが、起動時間も録画時間も他のものに比べてずいぶんと短くなってしまうのがデメリットです。

    撮影できてなければ意味がない

    以上のような形の監視カメラが各種ありますが、撮影できていなければ全く意味がありません。撮影できていない可能性があるのは夜などの暗い時間帯です。

    赤外線LED付きカメラは、暗くなると自動的に赤外線LEDが点灯し、暗闇の中でも白黒映像を撮影することができます。

    また、デイナイト機能のついたカメラは、昼間は赤外線カットフィルターを使用して撮影するためカラー映像を撮影することができ、夜間は赤外線カットフィルターを使わないため白黒映像で撮影することができます。

    赤外線LEDタイプだと夜間監視カメラがそこにあることが光でわかるので犯罪の抑止力になります。逆にディライト機能はカメラがそこにあるとは気づきにくいため、犯罪を抑止する、というよりは、証拠を確実に残すことに重点を置いています。

    また、屋外に設置する場合は、防水機能が当然最低条件です。いざというときに壊れていたのでは、ないのと同じなので。

    録画方法にも様々な方法がある

    録画方法も様々です。カメラと室内を有線でつなぎ室内で確認、録画ができるもの。無線のもの。カメラそのものに録画するもの。などです。

    この中では有線で録画するものが一番おすすめです。無線の場合は雨天の際の電波状況によって録画ができていない場合がありますし、カメラ自体に録画する場合は録画時間が少ないので長時間の設置には向いていません。

    自分の環境や用途に合わせて使い分けを

    以上のように自分の環境等にあわせてカメラは選んでください。「犯罪を抑止するためか」「証拠を確実に残すためか」「どのようなカメラなら設置できそうか」など、個人によって判断材料も様々です。

    金額や種類も様々なので、一度インターネットでじっくりと調べてみてはいかがでしょうか。

    スポンサードリンク



    コメントは受け付けていません。