防犯センサーで迷っているならパナソニック製はいかがですか?

あなたの家はどのような防犯を行っていますか?

もしマンションであるならばある程度のセキュリティは入口の部分で行ってくれていますが、もし一軒家であるならば、旅行に行った際や、昼間家に誰もいなくなる時なんかは不安になるものです。

警備会社と契約を結んでいる方も中にはいるでしょうが、まずは自分でできる最低限の防犯はやっておきたいものですね。

スポンサードリンク

空き巣はどこから侵入する?

「空き巣が家に侵入するところを想像してください」と言われたら、どのような映像が浮かびますか?玄関からどうどうと入っていくところですか?まさか煙突から侵入するとか?ほとんどの方が窓から入ろうとする姿を想像したのではないでしょうか。

裏の窓をこっそり開けて侵入する姿もあったでしょうし、ガラスをたたき割って侵入する姿も想像しやすいですね。

事実、統計的にもほとんどの空き巣の被害は窓ガラスからの侵入によって行われていますし、台所の窓ガラスは鍵を閉め忘れている方が非常に多いそうです。ではどのようにこれを防いでいくことができるのでしょうか。

窓からの侵入を防ぐには

窓から侵入する際は、マイナスドライバーなどで穴をあけてそこから鍵をあける手口がオーソドックスだそうです。

このような侵入に効果を発揮するのが「防犯センサー」です。その名のとおり、侵入者があった際にセンサーが感知して警報を鳴らす機器ですが、最近は様々なタイプが発売されています。

窓に衝撃があった場合や、開閉された瞬間にアラームが鳴るタイプのもの。アラームが鳴るだけでなく、無線で離れた場所にいる家主に教えてくれるもの。熱を感知するタイプで、たとえば夜に庭に侵入者があった場合にその動きを感知するものなど、様々です。

パナソニックの防犯センサー

パナソニックは防犯センサーの開発に力を入れており、様々な商品を発売しています。窓に設置してその開閉を感知するもの、窓ガラス自体に取り付け、異常を感知するもの、ドアや門扉の開閉を感知するもの、などなどです。

いずれも電池で動き、一年間程度は動作し続けます。警報音の長さや大きさも自分で設定することができるため部屋の構造に合わせて使用することができます。

万が一寝室から遠い部屋のアラームが鳴りだしても、手元のリモコンでセットを解除することができます。

防犯センサーの危険性

もちろん防犯のための取り組みとしては非常に効果的な方法です。このようなセンサーを設置しているだけで安心感が生まれます。

しかしその特性をしっかりと理解して使用していかないとまるで効果を発揮しません。前述で「空き巣が入るところを想像してください」と述べましたが、では大体何時頃家に侵入していると思いますか。空き巣や泥棒が家に忍び込むのは「夜に決まっている」と思い込んでいる人はいないでしょうか。

空き巣被害の70%は昼の内に行われています。答えは簡単。夜は大体みんな家に帰ってきているからです。昼間の方が家の中は誰もいないので空き巣にとっては侵入しやすい状況であると言えます。

では昼間に家にいた場合、センサーはどうするでしょうか。ほとんどの方がスイッチを切ってしまうと思います。自分が開け閉めするたびにアラームが鳴ると困るからです。

その内昼間の間はスイッチを切るのが当たり前になり、たとえ昼間に家を空けることがあったとしてもアラームをセットしなくなってしまいます。結果、肝心な時にアラームが鳴らずに空き巣被害を受けてしまう人が多いそうです。

アラームは決して夜だけ使うものではなく、24時間不審者を察知するために使われなければなりません。センサーライトも同様で、動きを察知してライトを灯すセンサーの場合、猫が通っただけでもライトは点灯します。

その内ライトが点灯しても気にしなくなり、不審者の侵入を許してしまうことになるのです。

確かな防犯で安全な生活を

便利な道具も正しく使わなければ結局宝の持ち腐れです。効果的な使用方法をしっかりと理解し、安全な生活を手に入れましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。