日曜日のDIYで防犯フィルムを取り付けよう

空き巣や強盗、ストーカーに詐欺、押し売りなど、最近は世の中がどんどん凶悪になってきています。まだ若い男性などならまだしも、力のない高齢者や女性の一人暮らしは不安感がぬぐいきれません。

空き巣は手当たりしだいに犯行に及んでいるのではなく、事前にしっかりと狙いを定めた家の周囲の確認や、家に住んでいる人はどのような人間なのか、侵入しやすいのはどれくらいの時間帯なのか、などを入念に調べています。

もちろんその段階で「高齢者だけで住んでいる」とか「女性の一人暮らしである」とかはばれてしまうわけです。そう判断させないためにも、男物の下着を干しておいたり、玄関に大きめの靴をおいておいたりするような方法を取る必要があります。

侵入経路は主にどこなのか

不審者が家の中に侵入するのはやはり窓から多いようです。最近は強化ガラスなど、普通よりもかたい窓ガラスが発売されていますが、侵入しようとする意思があれば方法はいくらでもあるのです。

窓ガラスから侵入する方法で一番多い方法は、ドライバーなどを使って窓ガラスに穴を開ける方法です。その空いた穴から棒を突っ込み、窓の鍵を開けてしまうのです。

ガムテープを窓ガラスに張ってその上からドライバーをねじ込めば、ガラスが割れて散る恐れもないし、その音のせいで誰かに気づかれることもありません。これを防ぐための画期的な方法があります。

窓に穴を開けられるを防ぐ方法

ドライバーなどで窓に穴を開けるのを防ぐために、防犯フィルムというものを窓ガラスに貼る方法があります。これは窓ガラスの強度をあげ、ドライバーなどではなかなか穴が開かないようにする効果があります。

最近ではホームセンターなどでも簡単に手に入れることができます。もちろん時間をかけて何度も力任せにやっていればいずれ穴はあいてしまいますが、家に侵入しようとするような不審者は、できるだけ迅速に犯行を終わらせようとしています。

とにかく誰かに見られないためにスピーディに行動する必要があるのです。窓に穴を開けるのに手間取った時点で犯行の完遂を諦めさせる効果が期待できます。また、窓ガラスの時点でそのような防犯対策をとっているような家は、その後も何がしかの対策を練っている可能性を相手に想像させます。

使用方法は簡単

貼り付けは簡単に行なうことができます。自宅の中をDIYで変更させる予定があるのなら、ついでに試してみてはいかがでしょうか。防犯の第一歩として最適です。防犯はこのような簡単な第一歩を踏み出せるかどうかで始まります。

犯罪が多い時代です。どうぞお試しください。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335