離れたところからカメラを操作~遠隔監視カメラシステム~

防犯意識の向上を受け、今や普通の一戸建て住宅でも見かける監視カメラ。

そんな監視カメラの性能の1つである「遠隔操作」機能や用途、価格について調べてみました。簡単接続で便利に使える遠隔操作監視カメラについて

スポンサードリンク

監視カメラの中には遠隔操作できるものがあるんです

昨今の防犯意識の向上を受け、繁華街や店舗、駐車場で監視カメラを見ることが多くなりました。

犯罪が起こった時、監視カメラの映像が証拠となり、犯人が逮捕されたというニュースもよく耳にします。今や一戸建て住宅にも、監視カメラが付けられる時代なのです。

そんな監視カメラには、色々な種類があります。監視カメラの目的は、犯罪が起こった時、誰が犯行に及んだかを調べるために付けるものなので、付けていることがわからないよう、火災警報器や時計、はては電卓、ペンなどの形をしているものまであります。いわゆる「隠しカメラ・スパイカメラ」と呼ばれる物たちです。

それとは別に、普通にカメラの形状をすることで、設置場所の犯罪抑止に一役買う物もあります。防犯カメラの役割も果たす訳です。

しかし監視カメラは防犯カメラと違い、高い性能が特徴になります。高解像度、大容量の記憶媒体、人感センサー、赤外線暗視など様々なものがありますが、その中の1つに「遠隔操作」があります。

遠隔操作監視カメラの接続方法と遠隔操作できる機能

遠隔操作のできるカメラと言えば、今は「ネットワークカメラ」が主流です。

これはカメラにインターネット接続機能がついていて、ネットワーク環境さえあれば、インターネットを通じて世界中のスマートホン・PCなどと接続できるカメラのことです。

接続の仕方も簡単で、カメラとルーターを有線・無線で接続し、画像を確認したいPCやスマホに専用のアプリを入れ、IDとパスワードを入れれば完了です。

操作できる内容は、まずカメラの向きを変えること。これをパン・チルト機能と言います。今まではカメラ設置後、思うような画像が撮れない時は、何度も高い所に設置してあるカメラの向きを変える必要がありましたが、それが不要になります。

ズームイン・アウトも可能です。また、スピーカーが内臓されているものは、スマホでカメラ周辺の音を聞いたり、話しかけたりすることもできます。

遠隔操作監視カメラの用途とお値段

遠隔操作ができる監視カメラの用途は色々考えられます。

第一は防犯のため。外出先から家の様子をいつでも確認できることはもちろん、不審者が現れれば、人感センサーが反応し、録画。その映像をメールで送信する機能なども非常に有効です。

その他には、外出先から留守番中のペットや、お昼寝中の赤ちゃんの様子を見たり、離れて住む両親に変わりはないか確認したり、店舗では、従業員の監視と共に、お客の来る時間帯や客層をチェックすることもできます。

気になるカメラの価格ですが、100万画素でパン・チルト機能搭載、マイク・スピーカー内臓、暗視モード搭載のものが、なんと6000円台から購入できます。画素数や記憶媒体の容量、撮影エリアの幅(角度)が大きくなるほど、値段は高くなります。

ネットワークカメラを設置できる条件は、ネットワーク環境があることのみです。ネットワーク環境とは、個人宅ならNTTやケーブルテレビなどのプロバイダーに入り、PCやタブレットをインターネットに接続できている状態です。もちろんその環境がない場合、新しく構築すれば設置は可能です。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。