迷えるあなたにおすすめ!録画機能付き防犯カメラのここがすごい

皆さんは防犯カメラと監視カメラの違いを知っていますか?。今や繁華街には必ずある防犯カメラ。

スポンサードリンク

防犯カメラ設置を考えている初心者の方向けに、録画機能付き防犯カメラについて、設置のメリットや性能、価格などを説明します。

防犯カメラと監視カメラって同じものだと思ってました!

今や市街の至る所で見かけることのできる防犯カメラですが、そもそも防犯カメラとはどのようなものを言うのか、皆さんは存じでしょうか?

防犯カメラとは、犯罪が起きて欲しくない場所に設置するカメラのことです。防犯カメラとよく同等に扱われる監視カメラは、犯罪が起こった場合、誰が犯人なのかを調べるために設置するカメラのことで、防犯カメラとは目的が違います。

つまり防犯カメラは犯罪を未然に防ぐために設置するものなのです。そのため監視カメラと違い、ここにカメラを設置していますよ!とその存在をアピールしなければなりません。ですから防犯カメラは大きく、一目でカメラと分かるような外見をしています。目立っていれば、カメラ自体が偽物でも十分な効果があります。

実際防犯カメラの中には、精巧に作られたダミーカメラや録画機能のないものがあり、当然これらは安価なため、少ない費用で効果を上げるにはある意味有効な方法です。

録画機能付き防犯カメラを設置するメリット、デメリットは?

さて、防犯カメラは、わざわざカメラの前で悪いことをする人はいない、という人間の心理を利用したものだということはご理解頂けたと思います。ですので犯罪抑止という意味ではカメラはダミーでも構わないのですが、もし本当にその場所で犯罪が起こった時、ダミーカメラや録画機能のない防犯カメラでは、みすみす犯人を見逃してしまうことになります。

そこで、録画機能付きの防犯カメラの出番となるわけです。目立つ外見で犯罪を抑止しながら、もしもの際は監視カメラのように、犯行の決定的瞬間を保存できる、録画機能付き防犯カメラは、防犯カメラと監視カメラの両方の目的を果たせるのです。

また、防犯の意味だけでなく、ライブカメラとしてその場所の眺望や、店舗を訪れる顧客の時間帯や人数を把握し、営業戦略に役立てることもできます。

ただ1つ、デメリットがあるとすれば、カメラ自体の性能が上がるため、当然ながら金額が高くなることです。

今、録画機能付き防犯カメラの性能がすごいことになっている

最近の録画機能付き防犯カメラの性能の進歩は目覚ましく、家庭向けの低価格なものでも、PCやスマートフォンで遠隔操作ができたり、人体を自動で感知したり、赤外線照射で暗所でも撮影ができるようになっています。

ネットの比較サイトで調べたところ(H16年現在)、上記のような機能がついていて、安いものではなんと6000円程度で購入できます。最も高額なもので85000円程度。このレベルになると、監視カメラと同等の高い画素数や解像度を持ち、広角レンズでの5日間連続撮影、データ保存が可能です。

ちなみに防犯カメラを購入する場所ですが、ホームセンターや家電量販店、ネット通販などが主な購入場所です。またカメラ店やセキュリティー会社などでも、購入することが可能です。

どの場合でも、もし自分で設置まで行うつもりなら、使い勝手や大きさなどを実際に手に取って確認してから購入するのがおすすめです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。