誰もが入る場所だから~店内防犯カメラ設置のすすめ~

買い物や飲食のため、毎日のように利用するお店。今、お店を犯罪から守るため、防犯カメラを設置する所が多くなりました。

知っておくべき!お店の防犯カメラ、どこに設置すると効果的?何と併用するともっと効果的?

お店に防犯カメラを付ける理由

都市部にある大規模商業施設から、歩いて行ける近所のスーパー、食堂まで、私達は日頃から様々な店に足しげく通い、買い物をしたり、食事をしたりしています。

私達客側から見れば、お店には色々な商品があって、見ているだけでも楽しい場所ですが、経営する側にしてみれば、お客は味方であり、また敵でもあります。

商品をちゃんと買ってくれるお客、お店に惚れ込んで口コミで宣伝してくれるお客は大切な味方ですが、店員にやたら文句を言ったり、万引きしたりするお客は店の経営を脅かす敵です。

また従業員は店側の人間で基本的には味方ですが、中にはレジのお金を盗んだり、倉庫から商品を盗んだりする従業員もいて、彼らは敵です。

残念ながら、どのお客や従業員が味方で、どのお客や従業員が敵なのか即座に判断することはできません。ですからそれを確認するために、防犯カメラを店内に設置するのです。

店内防犯カメラの設置場所

では、店内のどのような場所に防犯カメラを設置すれば、被害を無くすことができるのでしょうか?。おすすめは、

1.レジ上:お金の出入りがある場所が、最もトラブルを起こしやすい場所です。複数レジがある場合は、レジ1台につきカメラも1台設置してもよいくらいです。できれば音声も収集して、お釣りの受け渡しの間違いが確認できるようにしましょう。

2.出入口:店の出入り口は犯人を撮影するのに適した場所です。正面からの姿を捉えられるので、人物の特定がしやすく、強盗などにとってはカメラに撮られているという威嚇効果も発揮します。

3.ストックヤード:ストックしてある商品を盗む内部不正への対策として、コンビニではもはや設置が当たり前だそうです。

4.店内通路:死角になりやすい場所なので、万引き防止に効果的です。カメラの真下は死角になるので、カメラの角度を調節して、お互いの真下を補い合うように設置しましょう。

その他、事務所にもカメラがあると安心です。

さらに防犯効果を上げるには?

店内に防犯カメラを設置するだけでも、もちろん効果はありますが、合わせて行うことで、さらに防犯効果を上げることができます。例えば、

  • 防犯ステッカーを店内に貼りつけることで、防犯カメラの存在をアピールし、見られる・撮られるかも、という恐怖を犯人に与え、抑止効果を上げる
  • 閉店後や定休日に店に侵入しようとする泥棒に対し、防犯カメラとセンサーライト(人が近づくとライトが点灯し、相手を威嚇する)、防犯ブザーを併用することで、カメラの存在をアピールしつつ、周囲に犯人の存在を知らせるようにする
  • などが挙げられます。

    また、店舗が複数ある場合には、防犯カメラをネットワークカメラにし、本店や自宅などで遠隔操作・監視を行うことによって、お客に対する犯罪抑止だけでなく、従業員の業務を監視することもできます。

    コメントは受け付けていません。

    セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

    セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

    ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

    ただし、
    今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

    今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

    まずは、無料診断 022-738-7335