今すぐ鍵を確認して!ピッキング予防には強いシリンダー錠を

あなたの鍵はどんなタイプですか。持ち家であれば何年も鍵は変えていないなんて方も多いかもしれません。そういう場合には要注意!ピッキングでドアが簡単に開いてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

ドアを簡単に開けてしまうピッキングって?

空き巣がドアを簡単に開けてしまうピッキングを知っていますか。有名な空き巣の手口なので知っている方も多いとは思いますが、知っていてもピッキングの予防策を講じていたり、知っている人はあまり多くはないのではないでしょうか。

ピッキングは、鍵穴にピックやテンションといわれる特殊な工具を差し込み、鍵をこじ開けることです。古いタイプの鍵穴の場合や、防犯性の低いタイプの鍵穴であれば簡単にものの1分くらいで開けられてしまいます。

もしこのピッキングを受けた場合、鍵穴を交換しなければならない場合もあります。

どんな鍵がピッキングに弱い?

古い鍵やピッキングされてすぐに開いてしまう防犯性の低い鍵とはどういうものなのでしょうか。まずはピンタンブラーキーです。これは鍵のギザギザの部分が片側だけについているもので、以前より一戸建て住宅によく使用されているものです。

次にディスクシリンダーキーです。鍵穴部分は、工具が入りにくいくの字型になっていて、ギザギザが両側にたくさんついている鍵です。ピッキングのがあまり浸透していないときに作られていて、あまりにもピッキングの被害が増えすぎて製造中止になってしまった鍵です。心あたりがあるかもという方は要注意ですね。

ピッキングされても安心なシリンダー錠に変えよう!

では、ピッキングに強い鍵はどんなものなのでしょうか。まずディンプルキーです。鍵の表面に深さや大きさが異なるくぼみが多数ついている鍵です。くぼみの種類をたくさん作れるために防犯性にとても優れています。

次にロータリーディスクタンブラーキーです。切り欠きが合わないとすべてのタンブラーが回転しない、ロッキングバー方式を採用しているのでピッキングは非常に難しいです。

また、防犯性があるという共通標章のCPマークがついているものがより安心できるでしょう。

しかし、鍵がこの種類だからといって決して安心せず、普段から防犯意識を持ち、抜かりなく防犯対策ができるといいですね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。