自分の家の防犯対策に監視カメラは大げさ?

どのような空き巣対策をとっていますか?最近ニュースでは暗い話題ばかりですよね。喜ばしいことではありませんが、物騒な世の中にあわせて私達日本人の防犯意識もだんだんと高くなってきました。テレビでもホームセキュリティのCMが増えてきているのがその証拠ではないでしょうか。

防犯といえばどのようなものを思い浮かべますか?鍵をもっと高価なものにするとか、窓を強化ガラスにするとか、方法はいろいろ考えられますが、一番オーソドックスなのは「監視カメラ」ではないでしょうか。

監視カメラは一般的なものになりつつある

コンビニエンスストアでもレストランでも、どんなお店でも監視カメラはついていますよね。

最近では街中に設置してある監視カメラもだんだんと数を増やしてきました。なにかの犯行が行われた際に監視カメラが有力な手がかりになります。

つまり監視カメラがあるような所だと、計画的な犯行は行われにくいものです。自分の家を空き巣などの犯行から守るために、監視カメラは協力なツールとなります。

監視カメラから見られているのに堂々と侵入しようとする空き巣はいません。

これまでは大きな家に住んでいるような人が、家を囲む塀の上に監視カメラを設置しているようなイメージでしたが、最近では前述のとおり私達の防犯意識も高くなってきており、一般家庭でも監視カメラを設置する人が少しずつ増えてきているようです。

犯罪を未然にふせぐための監視カメラ

不審者への威嚇のために監視カメラを使います。小型のビデオカメラのような形がもっとも一般的です。

もっとも一般的であるということは、つまり見ただけで「あれは監視カメラだ」とアピールすることができるということです。

その存在感があるだけで侵入者に犯行の実行を躊躇させることができます。そのためダミーの監視カメラを取り付ける人もいます。

つまり実際には録画をしていない形だけのカメラです。それだけでも防犯の効果はありますが、しっかりと録画機能のついているものと組み合わせて使うのが望ましいでしょう。

侵入された場合犯人を特定するためのカメラ

半球のドーム型のカメラが設置されているのも見たことがあると思います。

これはほぼ全方位をカバーすることができるのが特徴のカメラです。目立たないカメラなので、侵入者にも見つかりにくく、その姿をしっかりと捉えることができます。

万が一侵入された場合犯人を使えまえるための手がかりととして協力な力を発揮します。

形状だけでなく、どのような映像が録画されるかも重要

カメラを選ぶ際は用途に合わせて様々な選択肢の中から選んでいかなくてはなりません。

もし屋外に設置するのであれば防水の耐久度の高いものを選ばなくてはなりませんし、録画する際にモノクロで録画するのか、カラーで録画するのかも決めなくてはなりません。

侵入者の特徴を捉えるのであればカラーがまた赤外線により暗闇でも遠くまでしっかりと見ることができるものなど、選択肢は様々です。

録画は外部のレコーダーに長時間記録できるものがおすすめです。

万全のセキュリティが当たり前の時代

家の鍵をかけずに出かけることができていた時代はだいぶ昔に終わりました。現代は鍵だけではとても足りない時代です。

自分の家の環境をしっかりと把握し万全の対策を整えていきましょう。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335