防犯用の監視カメラ。犯人の姿をばっちり映すにはやっぱり小型。

世の中の防犯意識が高まるにつれ、様々な防犯グッズが作られるようになってきました。センサーライトやアラーム、電子錠など様々な商品がホームセンターなどでも購入できるようになっています。

その中でも防犯グッズの王道といえばやはり監視カメラではないでしょうか。店舗で監視カメラを設置してない場所はもはやない、といえると思います。しかし、今は店舗だけでなく自宅にもカメラを設置することが求められてきています。

スポンサードリンク

監視カメラの効果

店舗などにカメラが設置してあるのは、強盗などに入られた場合にその姿をしっかりと残しておくためです。

どのようなお店でも天井を見ればドーム型のカメラなどが設置してあるのが目に入ると思います。感情的な犯行でない限り、カメラを見た時点で「このまま犯罪を犯せば顔を撮影されているのですぐにつかまるな」と誰でも判断します。

カメラはそこになるだけで防犯効果があるのです。当然民家に設置した場合も同じことが言えますが、カメラを設置する用途によってはそれがマイナスに働いてしまうことも考えられます。

いたずらの犯人を捕まえたい場合

たとえば、自分の家の花壇の花がいつも抜かれてしまう、とか、車にいつもひっかき傷をつけられてしまう、とかそのような場合に犯人を捕まえるためにカメラを設置する場合があります。

しかし、犯人がカメラを見て犯行をやめてしまった場合、結局最後まで犯人はわからないままになってしまうのです。

これまで被った被害をしっかりと取り返すためにも、法的に罰を与えるためにも、必ず犯行の証拠は残したいところです。そのような場合は小型のカメラを使用します。

進化してきた小型カメラ

最近はピンホールカメラというものがあります。植木の中や、額縁などにも設置することができる超小型カメラです。小さいながらも高画像で映像を残し、音声も拾うことができます。夜間は赤外線での撮影も可能です。

このようなカメラを目立たないところに設置すれば、犯人の姿を録画することができるはずです。小さいながらも画素数が200万画素を超えているものもあります。

また価格も1万円~2万円で手に入れることができるものもあり、リーズナブルに試してみることもできます。

もちろん一番最初は防犯

もちろん何事もないのが一番のことなので、最初に取り組むべきは不審者に犯行を断念させるような防犯システム作りです。しっかりとした防犯を行なっているような家は不審者も避けようとします。

どうしても犯人の表情を捉える必要がある時などに、小型カメラによる撮影を行なうようにしましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。