玄関にセンサーライトを設置するメリットとは?

玄関にセンサーライトを取り付けるとメリットがたくさんあるのはご存知でしょうか?
今回は家庭におけるセンサーライトの使い方や、種類別の特徴なども合わせてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

便利、安心、安全!

センサーライトは人を感知し照明が付く便利なアイテムです。点灯してある程度時間がたつと自動的に消灯するため省エネですよね。

センサーライトは室内用と屋外用製品があり、使う用途によってさまざまな種類があります。屋内用の場合はスイッチに手を触れることが無く電気が付くため、廊下や階段、クローゼットに設置をすると暗闇でも安心して室内を歩くことができます。

屋外の場合はその便利さに加えて、防犯効果がとても高くなります。なぜなら犯罪者は「光」を嫌うため!暗闇の中で住居に侵入しようとしたり何かを盗もうとしても、光に照らされることで犯行が丸わかり。犯罪者は見つかるリスクの高い家は避ける傾向にあるため、抑止力がとても高い防犯アイテムなのです。

また玄関に取り付けることにより、外出先から帰ってきても玄関を照らしてくれるので安心。夜間の外出時もしっかりと明かりに照らされて鍵の施錠が行え、玄関前すぐの位置に階段があっても安心です。

何を重視する??

足元までしっかりと照らしてほしい、という明るさ重視の方はコンセントタイプのものがおススメ。配線の手間はありますが、電池交換の必要はありません。

ライトはハロゲンタイプのものに加えて、最近はLEDタイプのものが増えてきました。LEDタイプのものは寿命がより長く電球の交換の頻度がぐっと減り経済的。電気代が安いのもメリットです。

すぐに使いたい!という方はコンセント不要のタイプを選びましょう。配線の必要が無く設置が簡単です。近くにコンセントが無くても使用できるのが便利。種類は乾電池式のものと太陽光発電のものがあります。乾電池式のものは場所を問わず最も手軽!ソーラー式のライトは電気代がかからずエコなのが良いですよね。

使い方次第で効果アップ!

センサーライトの機種によっては便利な機能が搭載されているものもあります。

例えば防犯効果を重視したいなら点滅機能を使うのもおススメ。ライトが点滅することでより威嚇の効果が高まります。多くの機種で点灯時間や感知エリアを調整できますので、使いやすいように設定すると良いでしょう。

センサーライトと防犯カメラが一体となっている製品もあります。人を感知することでライトが点灯、撮影が開始されるものです。長期間家を空ける場合や留守にすることが多い家で活躍するアイテムです。

またガーデンライトと呼ばれるセンサー型の足元灯と併用すると、オシャレでかつ周辺が明るくなるため防犯効果もアップします。

最近は一般家庭に取り入れやすいデザインのライトも増えてきました。あなたの玄関を明るく照らすことで、グッと安心できる空間になりますよ!

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。