マンションのセキュリティは信用していいの?

ニュースや新聞でストーカーや不審者による傷害事件などの記事をよく見るようになりました。様々な防犯グッズが量販店で販売されている昨今。「防犯」が人々の関心を集めているのは間違いないようです。

自宅のセキュリティに投資をする人も増えていますが、一戸建てとマンションではどちらの方が安全と言えるのでしょうか。

マンションと答える人が多いと思います。最近ではほとんどのマンションがオートロックですし、入口に監視カメラが設置されているマンションも多いですね。でもその印象は本当なのでしょうか。

不審者に狙われやすい建物

空き巣や強盗や押し売りは一目につきやすいような場所にはあまり近づきません。日中を通して一目につきにくい立地、もしくは人通りが少なくなる時間帯があるような場所は狙われます。同様に死角が多い場所も空き巣にとっては侵入しやすい場所ということができます。

また、マンションのような建物でも、ベランダや上階へ登りやすい足場となる塀やフェンスがあるものは侵入しやすい場所ということができます。ベランダに室外機や物置などを置いていると、それも足場となり上階への侵入経路となっていくのです。

マンションといえど安心ではない

マンションだからと言って侵入経路がないわけではないのです。むしろ「マンションだから安心」という心理を逆手にとられて侵入されてしまうケースが増えています。

前述のようにほとんどのマンションにオートロックがついています。オートロックがついているから、といって油断して戸締りをおろそかにしている人がいます。

このような場所に侵入してくるのです。同様の理由で高層階の住民も油断しがちです。窓の鍵を開けたままにしている人はいないでしょうか。高層階だからといって安心はできません。隣接している建物から侵入しようとする不審者もいますし、屋上から下に降りてくるような者もいます。

マンションは最上階に近ければ近いほど購入額も上がってきます。特に最上階は高額になっている場合が多いので、富裕層が暮らしている可能性が高いのです。よって屋上まで上がってしまえば、あとは管などをつたって一つ降りるだけで大きな収穫が見込めるというわけです。

マンションの中でも狙われやすい場所

計画的な空き巣は万が一見つかった場合の逃走経路も頭に入れてから実行します。逃走する際に万が一袋小路に追い詰められてしまうと、柵などを越えて飛び降りるしか道はなくなってしまうので、非常階段に近い部屋を狙う傾向があります。階段に近い場所に住居がある方は特に注意して戸締りをする必要があるのです。

以上のようにマンションだからと言って安心できるようなことはありません。常に危機感をしっかりと持ってリスクマネジメントをしていく必要があります。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335