マンションのセキュリティは100%安心安全?

マンション設計




ホームセキュリティに投資をする人も増えていますが、一戸建てとマンションではどちらの方が安全といえるのでしょうか?

近年はオートロックや防犯カメラが設置されているマンションも増えました。一見、マンションのほうが安全だというイメージが沸きそうですが、はたしてそう思って良いのでしょうか?

不審者に狙われやすい建物

空き巣や強盗や押し売りは一目につきやすいような場所にはあまり近づきません。日中を通して人の気配が少なかったり、人通りが少ない時間帯があるような地区にある建物は狙われやすいので注意が必要です。

防犯部長まさる
戸建てとマンション、のぶこさんはどちらが安全安心だと思いますか?
のぶこ
ええと…、防犯カメラを設置する戸建て住宅も増えてきましたけど、やっぱりマンションのほうが安心だって思います。

マンションのような大きな建物でも、ベランダや上階へ登りやすい足場となる塀やフェンスがあるものは侵入しやすいという条件が揃います。

ベランダに室外機や物置などを置いていると、それも足場となり上階への侵入経路。死角が多かったり、足場などがあれば、高い建物だとしても、空き巣にとっては侵入しやすい材料がそろっているのです。

マンションといえど安心ではない

マンションやアパートなどの共同住宅だから侵入できないと判断するのは危険です。むしろ、大きな建物だから安心という心理を逆手にとられて侵入されるケースがあります。

マンションにオートロックが設置されていても、ゴミ出しなどのちょっとした瞬間に油断してしまい、玄関ドアの鍵を施錠しない人もいますが、これも危険な状態です。プロの犯行をする人間ほど、このような状況を察知して侵入します。

同様の理由として、高層階の部屋も油断しがち。窓の鍵を開けたままにしている人もいるのではないでしょうか?

高層階だからといって安心はできません。隣接している建物や、屋上から侵入しようとする人間もいるので注意が必要です。

防犯部長まさる
マンションは最上階になればなるほど価格も上がります。最上階で面積の広い部屋だと建物の中でも最も高い額に設定されている場合が多いので、富裕層が暮らしているというイメージが想像できます。

そういった点から、屋上まで上がってしまえば、あとは管などをつたって1階分降りるだけで大きな収穫が見込めるというわけです。

こんな家が狙われる!泥棒が侵入しやすい条件とは?

2018.11.14

マンションの中でも狙われやすい場所

袋小路に追いつめられた窃盗犯

計画的な空き巣は、万が一見つかった場合の逃走経路も頭に入れてから実行します。

袋小路に追い詰められたり、柵など障害物を越えることを回避するなど、逃走する際に有利になるように、非常階段に近い部屋を狙う傾向があります。

階段に近い場所に住居がある方は特に注意して戸締りをしてください。

防犯部長まさる
マンションだからといって安心できるようなことはありませんね。常に危機感をしっかりと持ってリスクマネジメントをしていきましょう。