対策できてますか?マンションの空き巣対策

「マンションは空き巣被害にはあわないだろう」という漠然とした安心感の元、防犯意識の薄いままマンションに暮らしているという方はずいぶん多いものです。

オートロック式、管理人・コンシェルジュ在中タイプのマンションにお住まいの方に特にそういった意識の方が多いように思われます。

スポンサードリンク

マンションだからとあなどれない!

まず、第一にマンションだから決して空き巣に入られないということは無いということをお伝えしておきます。空き巣というのはどう見ても侵入不能だろうというところでも執念で侵入してくるものです。

空き巣を甘く見ているといつか必ず侵入されます。今時の空き巣は施錠のかけ忘れを狙っている程度ではありません。鍵はかかっていても壊します。窓は割って侵入します。

「鍵がかかっていれば安心ね」という時代はもはやかつてのもの。どんな手段を使ってでも侵入を試みますから空き巣は恐ろしいのです。

実は危険がいっぱい!?マンションの罠

マンションだからといって空き巣に入られないという安心感は覚えない方が良いでしょう。

「マンションでも常に空き巣に狙われている」と捉えていた方が防犯意識としては正しいのです。

マンションでも空き巣に狙われる要因はたくさんあります。第一にどんなオートロックマンションでもマンションの構造自体に問題があればひょんなところから空き巣は侵入してくることが可能です。管理人やコンシェルジュがいるから大丈夫!ではないのです。

また、1階でのインターホンの連呼でどの家が留守なのか・在宅なのかがオートロックマンションは知れ渡りやすいという点もあります。そこから留守の時間帯を計算して空き巣に入られたというマンション住人もいるほどです。

また、管理規約や共有場所の制限があり個人では対策が難しい面が多く、これが空き巣犯にとっては好都合なものになってしまっているケースもあります。

このようにマンションは一概に「安心・安全」と言い切れないものがあります。安心を買うために出来たツールでもそこから在宅状況が外部からわかってしまうなどのデメリットもあり、気が抜けないというとのが現実ではあります。

ベランダからの侵入が最も多い

マンションの侵入ケースとしてはベランダの窓を割っての侵入ケースが最も多いようです。

仮にベランダまで侵入されても部屋への侵入を諦めさせるよう、ベランダの窓に防犯フィルムを貼って少しでも窓を叩き割りにくくする、といった個人での防犯対策も重要となってきます。

マンションは規約も多いものですが、その中でできる個人の防犯対策を忘れず意識して行うことで空き巣被害から逃れることができそうです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。