マンションの防犯対策はどうあるべきか

あなたは一戸建ての家とマンション、どちらが防犯上安全だと思いますか?

監視カメラ、管理人の見回り、インターホン、などなど色々な部分で、マンションの方が安全だ、と言う人の方が多いのではないでしょうか。

しかしそれは正しいのでしょうか。

マンションの警備上の安全性の落とし穴

事実一戸建てに比べてマンションの方が安全なイメージがほとんどの方にあると思います。

最近では敷地内にいくつもの監視カメラが設置されていますし、エントランスに管理人が常駐しているマンションも多いと思います。

高層マンションなどでは上層階に住んでいる方などは、窓からの侵入者などは想定もしないのではないでしょうか。

マンションに住んでいる方はそのような安心感から、一戸建てに住んでいる方に比べて、防犯に対する意識が低いと言えます。

マンションで起こる空き巣被害などの侵入経路は、玄関からの侵入が一戸建てと比べると多いのです。「マンションに住んでいるから」という安心感から、玄関に鍵をかけていない人が意外と多いことが原因となっています。

近隣の人の顔を知らない

マンションは「ご近所さん」という意識があまり生まれにくく、同じ階に住んでいる人の顔すらおぼろげなパターンが多いです。

見ず知らずの人と廊下ですれ違ったとしても、不審に思う人もあまりいません。他人に無関心ということは、家の中で物音を色々と立てていても、誰にも不審に思われないということです。

「あれ?隣から物音がしているけど、今日はお休みの日じゃないはずだけどなぁ」なんて考えを持ってくれる隣人がいないのが昨今の世の中の風潮なのです。

ベランダからの侵入

マンションの場合の空き巣の侵入者の経路として一番多いのは窓からの侵入です。ベランダ沿いに移動すれば、一度の犯行で複数の家に侵入することが可能になります。

ワンルームマンションなどだと、外から見た時に電気がついているかどうかで、中に住民がいるかすぐにわかるのも危険なポイントです。住居に侵入して窃盗を働こうとするものにとってこれほどありがたいことはないのです。

防犯意識が低い、知らない人間がいても怪しまれない、中に人がいるかどうかすぐにわかる、など、空き巣にとってこれほど有利な条件はないのです。

マンションは比較的駅周辺に作られることが多く、犯行の後に逃げやすい、という理由があることも挙げておきます。

マンションだからこそ入念な防犯を

マンションに住んでいるからといって油断することはできないことがわかりました。長年同じマンションに住んでいる方は鍵の交換も検討してください。

ピッキングの被害にあいにくいディンプルキーや、センサーで鍵がかかる「鍵穴のない鍵」など、防犯性の高い様々な鍵が発売されています。

また、窓からの侵入に備えるために防犯フィルムを貼る、監視カメラを設置するなど、様々な対策を講じることをおすすめします。

世の中の犯罪はどんどん凶悪化しています。大切なものを守るためにも、入念すぎるくらいの準備をしていくことが重要なのです。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335