マンションに住んでいるからこそのセキュリティには意識を

近年は犯罪の凶悪化により、人々の防犯に対する意識も随分と変わってきました。空き巣やストーカー対策として様々な防犯方法が提案されています。

自分自身や大切な人を守るため、自宅への不審者の侵入を防がなくてはなりません。

その方法も、一戸建てとマンションでは違ってきますが、最近のマンションは、建設の時点でかなりの防犯対策を講じたものを作っているいるようです。

マンションタイプの住宅のセキュリティ

最近のマンションは大体の場合ホールに監視カメラが設置されています。またエントランスの部分で住民以外はそこから中には入れなくなっているのも防犯対策の大きな特徴です。

近年はさらに防犯対策を強化したマンションも発売されるようになってきました。

・敷地内に入った時点で防犯カメラに録画
・風除室に入るために訪問先へ連絡を取り開錠してもらう
・エントランスに入るために訪問先へ連絡を取り開錠してもらう
・エレベーターは訪問する階にしか止まらない
・住戸玄関でもカメラ付きインターホンで確認

マンション敷地内に入ってから玄関までにこれらのようなセキュリティ対策を講じてあると心強いですね。

敷地自体を囲むという発想

ゲーテッドマンションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。マンションがある敷地自体を壁で覆ってしまい、住民以外の人は許可なく入れない作りになっているのです。

日本ではまだあまり浸透していませんが、犯罪の多い海外では警備員の常駐するゲートを通らなければ敷地の中にすら入ることが出来ないこのシステムが多く利用されています。

それでも心配な人のために

様々な警備会社が自宅のセキュリティのためのサービスを発信していますし、最近ではテレビでも多くCMを見ることができます。マンションに住む人のためのセキュリティシステムも作られています。

・玄関や窓にマグネットセンサー・・・マンションで高い階に住んでいたとしても、窓からの侵入には十分注意していた方がいいでしょう。玄関や窓の開閉で侵入者を感知します。
・空間センサー・・・人体の熱を感知して反応するセンサーです。侵入者の熱を感知するためのものですが、一人暮らしの高齢者の安否確認としての用途も期待できます。
・キッチンの煙センサー・・・いちはやく火災を感知します。
・非常ボタン・・・寝室などに設置されたボタンを押すだけで非常信号を警備会社に送信することができます。

マンションだからといって安心はできない

マンションだから不審者が侵入しにくい、と安心することはできません。窓からの侵入者への意識は持っておく方が安全ですし、同じマンションに住む人が皆善人である保証もないのです。

出来うる対策は講じて大切なものを守っていきましょう。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335