ライブカメラを使用して屋外の警備強化を

世の中が物騒になるにつれて、自宅の警備の強化を考える人も増えています。

最近ではストーカーによる殺人事件の話もニュースで頻繁に取り上げられており、ひとり暮らしの女性などは特に怖い思いをしているのではないでしょうか。

ホームセキュリティのCMも多くなってきましたし、人々の中に「防犯意識」という言葉が深く刷り込まれてきているのではないでしょうか。

自宅を守るための方法として、まずは「カメラ」による警備強化を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

監視カメラのある家

監視カメラを設置してある家を見たことがありますか。お金持ちが住んでいそうな大きな家には塀の上に設置されているのを時々見かけることがあります。

家の中にはさぞかし高価な壺が飾ってあったり、金庫の中には大金がしまってあったりするのでしょうが、もし自分が泥棒だとすると、監視カメラが設置されているような家に入ろうとするでしょうか。

監視カメラがあるということは、家の中にはその他にも様々な防犯対策が仕掛けてあるはずです。

場合によっては赤外線などが張り巡らされていることを想像する人もいるかもしれません。目立つところに監視カメラがあるだけで、「この家に侵入しよう」という考えを躊躇させる効果があるといえます。

屋外に設置する監視カメラ

監視カメラと一口に言っても様々な種類がありますが、屋外に設置するからには防塵防水でなくてはなりません。

そこにあるだけで確かに不審者に侵入を躊躇させる効果はありますが、いざという時に録画できていなければ全く意味がありません。

映像をレコーダーに録画する場合は有線のほうが安心ではありますが、最近ではWifiで映像を屋内のレコーダーに飛ばして映像を録画したり確認したりすることができる機械もあります。

また、夜間でどのレベルまで撮影できるか、の確認も重要です。赤外線搭載の夜間撮影も可能のものが多くありますが、住宅の周囲の環境で必要な部分が見えない場合も考えられます。

設置した場所から門扉までの距離があった場合、そこに佇む人の顔まではとらえられない可能性があります。計画的な空き巣などは、侵入する際に事前に家の状況を確認にくることが多いです。

空き巣に入られた場合、監視カメラを確認すると数日前に門扉から不審者が家の中の様子を伺っている映像が残されている場合があります。

暗闇の中でも顔や表情がしっかりと残されているかの確認は非常に重要になるのです。映像の精度があがるにつれて、カメラの金額も当然上がりますが、家の状況や優先順位をしっかりと考え選択していきましょう。

ライブカメラとしての使用

前述のように特に女性のひとり暮らしの場合は夜は家の周囲の状況が特に気になるものです。来訪者の表情を確認するにもインターホンの映像だけではわからない場合がありますし、ちょっと体をずらせばカメラには映らなくなってしまいます。

監視カメラのライブ映像を確認しながら家の状況確認できるのは非常に心強いはずです。不審者が映っていたらすぐに通報できますし、証拠の映像も残っているからです。

残念ながら今後世の中はさらに物騒になっていくはずです。自分自身や、自分の大切なものを守るためにも自宅の警備強化を図りましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。