防犯カメラ設置は取り付け業者に依頼しないとダメ?!

近年、一般家庭でも防犯対策として防犯カメラを設置する家が増えてきています。防犯カメラを買っても、設置を取り付け業者に依頼する必要もあるしそこまでお金をかけられない…そう思っている人もいるかもしれませんね。

今回は防犯カメラの設置についてのお話をしようと思います。

取り付け業者に依頼する?しない?

防犯カメラはここ数年手に取りやすい価格帯のものも増え、自宅の設置を検討している人もいることでしょう。カメラを手に入れたら設置はどうすればよいのでしょうか?

防犯カメラの取り付けについては、業者により様々。高価格の防犯カメラでしたら設置までサービスで行ってくれる販売店もありますし、電気屋さんなどで設置のみを承っているケースもあります。

実は防犯カメラは間違った設置をしてしまうとその効果は半減してしまいます。取り付け業者に依頼する場合でも、自身で設置する場合でも、知識を持って設置することが必要となるのです。

カメラによって用途によって設置難易度は変わる

一般的な防犯カメラは、カメラ本体以外に、録画機、接続ケーブル、モニターが必要です。細かいところまで考えれば電源タップや電源コード、カメラアダプターも。場合によっては延長ケーブルも追加しなければなりません。

建物外の壁面に設置するならネジ止め、壁材によってはアンカーで固定をし、電源位置まで配線を行います。雨がかかるような場所なら防水処理を行いましょう。大変そうではありますが、説明書を見ながらですから出来なくはありません。

取り付け時に不明点があればメーカーのサポートサービスなどに問い合わせすると良いでしょう。何メートル先までカメラで捉えたいのか、抑止力重視か犯罪の証拠を掴みたいのか、目的をしっかりと考えたうえで設置計画を立てましょう。

室内に設置する場合も基本的に考え方は同じですが、防水用の機種を選ぶ必要はありません。見た目に重厚感のない設置の簡単なネットワークカメラを検討しても良いですね。店舗内に複数台設置する場合は、死角の無いようにしましょう。

不安であれば専門家に相談するべき

取り付け業者に依頼すれば、しっかりと安全にカメラを固定し、モニターに映像が映るまできちんと設置をしてくれるはずです。

もし業者に設置をお願いするのであれば、防犯知識のある専門業者に依頼するのがベスト。設置時に目的に合ったアドバイスもしてくれますし、防犯カメラを運用するにあたってより効率的にカメラの微調整を行ってくれますよ。

せっかく防犯カメラを設置するのであれば、その効果を最大限に発揮できるように取り付けたいものです。それとともに運用する側の防犯意識を高めていくことが一番大切ですよ!

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335