あなたの会社を守る赤外線センサーの防犯ブザー

会社を経営している人なら必ず考えるオフィスの防犯対策ですが、どのような対策をしていますか。ドアや窓につけると防犯対策になる防犯ブザーのなかでも、赤外線センサーつきの防犯ブザーを利用してより効果のある防犯対策をし
ましょう。

赤外線センサーつきの防犯ブザーって?

赤外線センサーつきの防犯ブザーとはどのようなものでしょうか。

その名の通り赤外線センサーがついている防犯ブザーなのですが、家やオフィスの、ドアや窓に取り付けて使用するものです。

侵入者が侵入しようとして赤外線センサーが感知をすると警報音が鳴るという仕組みです。

ものによりますが出入りの多いドアの場合、出入りのたびに警報音が鳴ってしまうので、もしドアに設置するのであれば出入りのときだけ遠隔操作でスイッチの切れるものにすると良いでしょう。

赤外線センサーの設置する範囲によっては猫や犬、落ち葉にまで反応してしまう場合もありますので、設置位置には気をつけて、大人の腰あたりから上ぐらいの範囲で設置することをおすすめします。

アクティブセンサーとパッシブセンサー

赤外線センサーはアクティブセンサーとパッシブセンサーの2種類があり、場所によって使い分ける必要があります。

近赤外線のアクティブセンサーの場合には戸外に置き、遠赤外線のパッシブセンサーは室内に置くものが多いです。

アクティブセンサーの場合には、玄関ドアの前や勝手口、庭、風呂場の前、駐車場の前に置いて、人や車などが入ってきたときに感知して警報音を鳴らします。

このセンサーでは人以外でもなんでも感知します。パッシブセンサーの場合には、室内に置くので人体から微かに放出される赤外線に感知して、監視領域の中にいるかどうか判断して警報音を鳴らします。

このセンサーではアクティブセンサーと違い、人体のみに反応します。オフィスであれば両方の赤外線センサーを利用したほうが防犯対策としては良いでしょう。

一般家屋に設置するのであれば、必要に応じて取り付けてくださいね。

ライトもついているとより効果あり

赤外線センサーつきの防犯ブザーのなかにはセンサーに応じてライトがつくものもあります。

犯罪者は周囲に自分の存在が分かってしまうのを恐れていますので、防犯ブザーの警戒音だけではなく、ライトで照らされることによって、より犯罪者を寄せ付けない効果があります。

もし赤外線センサーつきの防犯ブザーの購入を検討しているのであれば、ライトつきのものも検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335