防犯に、照明に、安心便利な赤外線センサーライト!

赤外線センサーライトとは、赤外線を使って人や動くものを感知し、照明を付けたり、警報音を発する装置です。便利で経済的で、防犯の意味でも強い味方。

今回はそんなセンサーライトの種類と適した設置場所について簡単にご説明します。

赤外線センサーライトって何ですか?

仕事が終わり、暗い夜道を家へと急ぎ、我が家の玄関に辿り着いた時、まるで主人の帰宅を待っていたかのように、ポウっと灯りが灯ると、なんだかホッとしませんか?

赤外線センサーライトは、動くものや人の熱源に反応して点灯したり、ブザーや警報音を鳴らすなどして、監視領域に誰かが侵入したことを知らせてくれる装置です。

用途としては、前述のような明かり取りとしての使用が1つ、例えば両手がふさがっている場合や、暗くてカギが取り出せない場合などに、自動的に灯りが灯るので便利です。

もう1つは防犯機器としての使用です。玄関や駐車場などにこれがあると、不審者が来た際、突然照明が付いたり警報音が鳴ったりするので、相手を驚かせ、侵入を未遂に終わらせることができます。

最近のセンサーは性能が向上し、例外はありますが、以前は誤動作の原因であった落ち葉や犬、猫などには反応しないよう作られているものもあるそうです。

玄関や屋外におすすめ、アクティブセンサー

さて、防犯にも明かり取りにも便利な赤外線センサーライトですが、実は2つの種類があります。

1つは「アクティブセンサー」。もう1つは「パッシブセンサー」です。

アクティブセンサーとは、近赤外線(可視光線と遠赤外線の中間の性質を持つ赤外線。より小さな物体を高速で検出できます)を監視領域に発射し、その赤外線を反射したり、遮ったりした物体を検出して照明を点灯させたり、警報音を鳴らすものです。

一般的に「赤外線センサーライト」というと、アクティブセンサーを指します。

設置場所としては、玄関や庭、勝手口など屋外が適切です。このセンサーは、駐車場に入る際の車の動きなど、人以外のものにも反応するので、ガレージの照明代わりにもおすすめです。

赤外線ビームを発射する発光部と、そのビームを受信する受光部から成り立っており、両方が1つの機器に納められた一体型と、2つに分離した分離型があります。

室内におすすめ、パッシブセンサー

パッシブセンサーは、人から放出される、微量の赤外線(遠赤外線:熱線(heat ray)とも呼ばれており、赤外線ストーブ・赤外線コタツなどで使われている赤外線。

分解能が低く、あまり小さな物体は検出できません)を感知し、背景と人体の赤外線エネルギーの差(温度)を調べ、人が監視領域にいるかを判断して、照明を点灯させたり警報音を鳴らすものです。

設置場所としては、室内や廊下などが適切です。ちなみに、アクティブセンサーとは違い、パッシブセンサーは赤外線を発射しません。

あくまで人体から発せられる遠赤外線を受けるだけです。ですので赤外線を受光する部分(受光器)はありますが、赤外線を投光する部分(投光器)はありません。

アクティブセンサーも、パッシブセンサーも、設置場所や感知の仕組みに違いがあるので、用途に合わせて最適なセンサーライトを選びましょう。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335