家庭用セキュリティーシステムって導入するべき??

近年家庭用セキュリティーを導入する一般家庭が増えてきました。街を歩いていて、玄関先に貼られたセキュリティー会社のステッカーを見かけることが多くなった気がしませんか?

そうなると「うちも導入するべき?」と考えてしまうもの。今回は家庭用セキュリティーシステムのメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

家庭用セキュリティーシステムって?

家庭用セキュリティーシステムは「ホームセキュリティ」として定着しています。テレビCMでもよく見かけるため馴染はありますよね。

多くのホームセキュリティは警備会社によってサービスが提供されています。これは一般家庭や企業の事務所などで導入され、空き巣や強盗などの侵入者や火災、ガス漏れなどの異変があった場合その場所やそこにいる人を守ってくれるサービスやシステムです。

ホームセキュリティの機器を設置することで、侵入者が入った場合すぐにセンサーで感知し警告音が鳴ります。その情報は契約している警備会社に伝わり、警備員が駆け付けるシステムです。同時に火事の場合は消防局へ、ガス漏れの場合はガス会社へ迅速に通報してもらえます。

メリットとデメリット

このシステムを導入するメリットは、緊急時にすぐに対応してくれることです。有名な警備会社だと拠点が全国に2000カ所程あり安心。

また地域の小規模な警備会社の場合、拠点数が少なくても地元だからこそできる密着型のサービスで守られている実感があるでしょう。

いざという時、慣れていない私たちはすぐに対応したり、正しい行動がとれるとは限りません。警備の専門家が家を守ってくれていることに安心できることは大きな利点です。侵入者はホームセキュリティを導入している家庭は避ける傾向にあります。

デメリットは、やはり費用でしょう。メーカーによって違いますが、機器を設置するため初期費用が数万円、それに加えサービス料として毎月5000円前後かかります。見積もりを取ってみたものの、その金額に契約を躊躇した、という話もよく聞きます。

大切なのは防犯意識を持つこと

ホームセキュリティを導入していてもその防犯対策は完璧ではありません。万が一の際警備員は駆け付けてくれますが、その時間は「25分以内」となっています。その間に侵入者は犯行を行い逃げてしまう可能性もあります。

また「ホームセキュリティに入っているから安心」と施錠を怠ってしまい簡単に泥棒に入られてしまったケースもあるのです。

大切なことはきちんと防犯意識を持つこと。家族で防犯について考える、家の特徴を理解し危険個所について知っておく、外出時はきちんと鍵をかける…といった基本的な防犯対策を行うことは大切です。

自分の家にあった防犯対策はどんなものか、ホームセキュリティを取り入れるべきか、家族でよく話し合って決められるといいですね!

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335