空き巣被害に遭わない侵入知らずの家作り

侵入しずらい窓




あなたの家はどれくらいセキュリティー対策をしていますか?空き巣に入られたことが無いから大丈夫といっても、それはたまたまだといっても過言ではありません。

犯罪のプロは、隙を探してあらゆる手口を使い、犯行におよびます。

侵入に5分以上かかる家が理想

空き巣犯は素早く侵入できる家を探しています。そういった点から、侵入するのに5分かかると7割は犯行を諦めるといわれています。

すなわち、侵入するのに5分以上かかる家にすることがセキュリティー対策に有効なのです。

まどか
絶対に人が侵入できない家を作ることが難しくても、侵入するのに時間がかかる家にすることは何だかできそうな気がします!
防犯部長まさる
その気持ちを実行に移してくださいね。例えば、ドアや窓に補助錠をつけることで、開錠するまで時間がかかります。窓に防犯フィルムを貼ることでガラスを割るのに時間がかかります。

ほんの少しの手間で、自宅侵入への時間稼ぎができる。これを心得ておきましょう。

こんな家が狙われる!泥棒が侵入しやすい条件とは?

2018.11.14

基本だけど出来てない?!鍵は必ずかける

セキュリティーの基本中の基本は、鍵をかけること。当たり前だと思っている人も多いかもしれませんが、意外とできていない人もいます。侵入手口で一番多いのが無施錠、全体の4割以上にも及びます。

まどか
うちの近所でもありましたよ!連日のように井戸端会議をしているママ友の家に空き巣が入られていました。
防犯部長まさる
それは災難というか…自業自得な面もありますよね。例えばゴミ捨てや近所に行く際に、数分だからと鍵をかけない人が案外に多いんです。犯罪者はそういう行動パターンを事前にリサーチしているので本当に危険だと思います。

ものの数分で犯行を済ませ、帰ってきたときは時すでに遅しですよ。例え短時間であってもしっかりと施錠をする癖をつけましょう。

 玄関だけではありません。外出時は窓の鍵も忘れずにすべてかける必要があります。たとえ格子付きの窓でも安心できません。プロの泥棒はいとも簡単に格子を外してしまいます。トイレやお風呂の窓は特に見落としがちなので注意しましょう。

泥棒が嫌うのは「光と音」

侵入しようとする犯罪者は、少しでも目立たないように行動します。ですので、光と音は周囲の注目を浴びてしまうため強い警戒をします。

自宅のセキュリティ対策を行うには、侵入者が嫌がるをこれらの効果をうまく取り入れることです。

防犯部長まさる
例えば人を感知して明かりがつくセンサーライト、窓に取り付ける防犯アラームやブザー。これらの防犯対策をアピールすれば、侵入する前に別の家にターゲットを変えることもあります。

セキュリティー対策は犯罪を事前に抑える効果もあることを知っておきましょう。

自宅のセキュリティー対策について、改めて考えてみませんか?安心できる日々の暮らしを守るために、危機意識を高めて泥棒に狙われない家づくり。これを心がけてください。

脱!空き巣に狙われる家~警戒心の強い住まい計画

2019.04.10




侵入しずらい窓