空き巣対策には防犯フィルム★始めよう防衛計画

割られた窓ガラス




マンションに比べて一戸建て住宅は空き巣に狙われやすいものです。ではその空き巣はどこから侵入してくるのかを考えていきましょう。

窓からの侵入の仕方

空き巣の侵入経路は、玄関や勝手口からという方法がありますが、1番多いのは窓。空き巣の60%は窓から侵入しているのだそう。

革張りソファと窓ガラス

窓からの侵入経路として多い場所の1つが、台所の流しの前にある窓です。比較的狭い窓ですが、料理を作っている際などは換気のために開けていることが多く、また鍵をかけずに少し開けたままにしている家もあります。

小さいとはいえ人が通れるくらいの大きさがあることから、その家の住人が留守の間に侵入してくるのです。

もう1つ多いのが縁側やベランダなどのテラスタイプのガラス、ここを壊して侵入する方法です。

クレセント位置の中桟と縦桟にマイナスドライバー状の棒を捩じりながら押し込めば、ガラスを割らずに穴を開けることができ、その穴からクレセントを押して開錠します。

ライターなどで炙って熱したドライバーなどでも簡単にガラスに穴を開けることはできるので、同様の手口で開錠します。

周囲に完全に人がいないことが分かっているのであれば金づちなどの鈍器で割って素早く侵入するはずです。

 1秒でも早く犯行を終わらせることが空き巣にとっては重要なことだからです。

防犯フィルムで窓ガラスを強化

では窓ガラスの破壊を防ぐ方法を解説します。

1番簡単で効果的な方法に、防犯フィルムを貼るというものがあります。室内側のガラス貼ることでガラスを強化する窓用フィルムです。万が一ガラスを割られてしまっても、フィルム自体で破壊と侵入を防ぐことができる仕組みになっています。

最近ではホームセンターなどでも売られていますが、注意しないといけないのは、ガラス飛散防止フィルムと間違えないことです。

ガラス飛散防止フィルムは、何かしらのアクシデントにより飛散したガラスで、誰かがケガしないようにするためのもの。これは侵入を目的とした破壊を防止するようなものではありません。

防犯部長まさる
確かな効果のある防犯フィルムとは320ミクロンから560ミクロンの厚みが必要と言われており、飛散防止フィルムはこの20%ほどの厚みしかありません。購入の際は注意くださいね。

防犯フィルムは侵入を手こずらせる効果

防犯フィルムの役割は、空き巣の侵入を完全に防ぐことではありません。あくまで侵入を手こずらせるものです。

防犯フィルムを貼ることで、何の細工をしていない窓ガラスを割るよりも大変な時間を要します。本来ならば10秒ほどで終わる作業が3分から5分ほどもかかってしまうのです。

空き巣をする人間は素早さが勝負です。侵入に数分も手間がかかってしまうと、よほど無鉄砲な人間でないかぎり途中で犯行を断念せざるをえなくなってしまうでしょう。

また、防犯フィルムのようなリスクマネジメントをしている家は、それ以上の防犯対策をしている可能性も予測されるため、空き巣にとってはさらに躊躇する要因となります。

価格は数百円から1万円を超えるもの、保険付きとさまざまです。業者に依頼すること人もいれば、自分で取り付ける人も。

それぞれの家の状況に合わせて選んでみてはいかがでしょうか?