防犯対策をしっかり整え、空き巣は玄関で撃退を!

あなたの家の鍵はどのような形をしていますか?最近は防犯のために色々な形の鍵が開発されています。防犯意識の高い人などは頻繁に鍵の交換を行っているようです。

鍵はとても大切なものです。自分の財産や大切な人を守るためにもしっかりと考えていきましょう。

1ドア2ロックは当たり前

一つのドアに2つ以上の錠前を取り付けることをこう呼びます。

これは防犯の上では基本中の基本と言われています。空き巣などの、家に侵入しようとする不審者はとにかく人から見られることを嫌います。犯行は一秒でも早く終えてしまいたいのです。

ピッキングなどの手口を使って玄関を開けようとする人間からすれば、2つの鍵がついているのは犯行に単純に二倍の時間がかかるということであり、実行を諦める確立が高くなります。

ピッキングの手口も進化してきているので、対策のためにも鍵を増やすというのはシンプルかつ効率的な方法です。

進化する様々な鍵

ピッキングの手口が進化するにつれて、鍵の性質も多種多様に進化してきました。非常に防犯性の高い鍵も次々と発売されています。

カードキー

その名のとおりカードをかざすだけで開錠できるカードです。たとえ2ロックだったとしても同時に開錠できるのでスムーズです。

また場所をとらないので、財布の中にいれておいたり、ストラップのようにぶらさげていたりと邪魔になりません。大きさもキャッシュカードのような大きさを想像するかもしれませんが、ちょうどガムくらいの大きさのものもあります。

カードキー式の場合はドアを閉めれば自動で施錠してくれるタイプのものが多いですが、内側から鍵を開けた場合は自動施錠は作動しないので、「ごみ出しをしている間に締め出された」なんてことはありません。

テンキー

暗証番号を入力することにより開錠します。当然ピッキングなどはできませんが、自分が暗証番号を入力しているところを誰かに見られたりしないようにする必要はあります。

近くに人がいないと思っても、遠くの方から望遠鏡などでのぞいたりしている危険性も考えられるので、油断しないようにしましょう。

スマートキー

最近メディアでも話題になってきているキーですね。自動車ではもう当たり前ですが、家の鍵もこのスマートキーに変更する人が増えてきているようです。

近づけば自動で開錠できるような設定にしたりと、防犯だけでなく使い方自体も便利なのが特徴です。このスマートキーの特徴をスマートフォンに内蔵させた商品も発表されていますね。

とうとうスマートフォンが電話を超えて鍵の役割も果たすようになってきました。

静脈キー

パネルに指を置くと、静脈の形を感知し開錠するタイプのキーです。映画ではおなじみですね。

今では多くの会社がこの静脈キーを開発しています。近い将来このキーが主流になるような時代が来るかもしれません。

鍵の交換をそろそろ考えましょう

あなたは今の家にどれくらい住んでいますか?築年数の長いマンションだったり、家だったりする場合はそろそろ鍵の交換を考えてみてはいかがしょうか。

交換する際は防犯性の高い鍵を選び、家や建物の合わせた鍵を選ぶようにしましょう。とはいえどのような鍵にすればいいかなんて素人にはなかなかわからないところです。

具体的なアドバイスや意見が欲しいときは専門の業者に連絡して相談見積もりを依頼することをおすすめします。

また、どうせ交換するのであれば、玄関だけでなく、裏口などを含めた家のまわりの鍵を合わせて交換すればまた安心感も変わってくるはずです。予算などもあわせて相談すればその中から適したものを選出してくれます。そろそろ考えてみてはいかがですか。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335