家を守るための監視カメラ。一番重要なのはやはり玄関。

物騒なニュースの多い現代で、自分の大切なものを守るための防犯として、監視カメラを検討している方も多いと思います。

それぞれの思惑によって取り付ける場所にも違いは出てくると思います。車へのいたずらに悩まされている人は駐車場に。裏の窓からの不審者の侵入をふせぐためには裏庭に。

その中でも一番優先順位が高いのはどこなのでしょうか。

監視カメラをつけるにあたって

前述のように最近は世間がますます物騒になってきました。家の中への空き巣やストーカーなどの不審者の侵入は何があっても防がなくてはなりません。

ここで考えなくてはならないのは、空き巣やストーカーの性質です。彼らは思いつきでいきなり家の中に侵入しようとするわけではありません。

まず何度か家の周囲を探り、家の中の様子を伺います。その家の住人は何人なのか。どのような年齢層なのか。家族が不在になる時間は何時ころなのか。休みは何曜日なのか。などです。

計画的な空き巣などは、郵便受けの裏や戸口の右下などに、その家の人数や不在時間のメモを残したりもします。

よって、監視カメラを設置するにあたって絶対にはずせないのは、当然「玄関」ということになるのです。玄関に監視カメラを設置することによって、不審者に侵入された場合、事前に様子をうかがう犯人の姿が捉えられている可能性が期待できますし、玄関に設置されたカメラを見ることで犯行を躊躇させる効果も期待できます。

郵便受けや、自転車へのいたずらに悩んでいる人が、犯人の姿を捉えるために、玄関にカメラを設置したとたん犯行がやんでしまった、という話もよく聞きます。

玄関に設置できる監視カメラ

監視カメラは最近は様々なものが発売されていますし、安価になってきています。屋外に設置する以上、当然防水防塵でなくてはなりません。レコーダーへの接続も、有線のものや無線のものがあります。

無線だと画質に不安がありましたが、最近はWIFIに接続してクリアなカラーで録画できるような商品も発売されています。

ドアスコープに取り付けられる監視カメラも

ドアについている訪問者を確認するためのドアスコープですが、実はこれ工具を使えば慣れた人なら簡単にはずせてしまうそうです。当然家の中は丸見えになってしまいます。

そんなドアスコープの部分に取り付けるタイプの監視カメラが話題になっているようです。ドアスコープの部分がカメラになり、室内に取り付けられた画面で訪問者の姿を確認できます。

センサーで録画機能も働くので、外出から戻った際にどんな人がたずねてきたかも確認できるというものです。

やはり玄関の守りは大事

一戸建てでもマンションでも、やはり一番大事なのは玄関の守りです。住宅の環境や、用途にあわせて大事なものを守るための手段を講じてください。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335