エレベーターは密室だから…監視カメラ設置のすすめ

エレベーターに監視カメラを設置することは、もはや当たり前!。何故なら集合住宅などのエレベーターには人気がなく、扉が閉まれば密室になってしまうから。

犯罪を未然に防ぐためにも、エレベーターに監視カメラを設置しよう

スポンサードリンク

エレベーターは密室なのです

私事で恐縮ですが、子どもの頃、住んでいたマンションのエレベーターで痴漢にあったことがあります。何か様子が変だと早めに気づいたお陰で、何事もなく無事でしたが、恐ろしくて誰にも言うことができず、犯人も結局誰かわからないまま引っ越してしまいました。

今ほど防犯設備が充実していない時代だったので、エレベーター故障の際の緊急ボタンくらいしかなく、もしかしたらもっとひどいことをされていたかも知れない、そう思うと今でもゾッとします。

高層住宅にあるエレベーターは、繁華街にあるデパートのそれのように、いつも人で溢れている訳ではありません。朝の通勤、通学の時間帯を除けば、大抵人気がありません。

そしてエレベーターは密室なのです。扉が閉まってしまえば、どこかの階に停まるまで、誰も助けてくれない場所なのです。

防犯意識の高まりが、エレベーターに監視カメラを付ける理由です

さて、エレベーターが密室であることは先にも述べましたが、現在、防犯意識の高まりとカメラを含む防犯設備技術の進歩を受け、エレベーターに監視カメラを付けることは、もはや当たり前のようになっています。

監視カメラを付けることにより、カメラに常に監視されているという意識が犯罪を未然に防ぎ、また万が一犯罪が起こってしまった場合でも、カメラの映像を解析することで、犯人の早期逮捕へつなげることができます。

マンションやビルによっては、エレベーターだけでなく、エントランスや駐車場、建物の死角などに複数の監視カメラ・防犯カメラを設置し、マンション・ビル全体でセキュリティーシステムを構築する所も増えています。

カメラを設置してくれるのは警備会社だけでなく、エレベーター会社自らセキュリティ面でのサポートという意味で設置や保守・運用を行っているところもあります。

どのような監視カメラをエレベーターに設置すれば

最後に、エレベーターに設置する監視カメラとして、どのようなものがおすすめかをお話しておきます。

エレベーターに設置する監視カメラで最も一般的なものは、円形の形をした「ドームカメラ」です。その理由は、

  • 広角レンズでエレベーター内を隅々まで撮影可能
  • 一見カメラの形をしておらず、カメラ設置の不快感を与えにくい
  • 一見カメラのレンズ位置がわからず、どこを監視されているのか(カメラに撮られているのか)わかりにくい
  • などだそうです。その他の性能としては、人感センサーを内蔵し、人が乗り込んだ時だけ撮影する。カメラにハードディスクやメモリーカードが内臓されていて、長期間の撮影が可能。デジタル方式を採用し、映像の劣化や乱れを抑える。などがあり、中にはエレベーターの入り口にモニターを設置し、エレベーター内の様子を放映できるものもあります。

    機器に詳しくない方でも、監視カメラをレンタルし、設置や保守を代行してもらう方法があるので、ぜひご一考下さい。

    スポンサードリンク



    コメントは受け付けていません。