男性も注意?!あなたがするべきエレベーター内の安全対策

エレベーターはとても便利な乗り物ですが、同時に危険な乗り物でもあります。短時間とはいえ個室になることで様々な犯罪が発生するためです。

今回はエレベーターを利用するときに心がけたい安全対策を詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

エレベーターはどんな犯罪があるの?

マンションなどに設置されているエレベーターの場合、その小さな密室空間で痴漢や強姦といった性犯罪が度々発生します。

その建物内に住居がある場合、押した階と下りた階からストーカーや侵入者に自宅の場所を知られてしまうきっかけにもなるのです。

商業施設などのエレベーターではスリや痴漢の危険性があります。混んでいるエレベーター内では人との距離が密接で身動きが取れないため、満員電車のような環境になります。

たった1、2分であっても狙われる可能性があるため、しっかりと防犯対策を行うことが大切です。被害者となるのは女性や子どもはもちろん、男性の場合もあります。強盗発生率も高いため、男だからと油断するのではなく警戒し隙を作らないようにしましょう。

安全なエレベーターって?

エレベーターを利用する際には、それがどんなエレベーターなのか把握するのが重要です。普段頻繁に使うエレベーターは、その特徴をチェックしておくと万が一のときに役立つことがあります。

エレベーター内に防犯カメラがあれば抑止力にもなり安心できますよね。防犯カメラで撮影している様子を、リアルタイムでエレベーター外と中に設置されたモニターで確認できるものは特に安全性が高いですよ。

またドアにガラス窓が付いているものは、各階の外から様子が見られるため「見られている」感が増します。密室度が下がることで犯罪者も警戒するのです。

また警報ボタンはどこについているかは毎回必ずチェック!出入り口横と、壁側にも付いていると押しやすいですよね。警報ボタンがあると知るだけでも安心感は全然違います。乗ったらすぐに確認しておきましょう。

エレベーター内で犯罪にあわないために

エレベーターで犯罪の被害に合わないためには、まず他人と一緒に乗らないことです。待ってる人が他にいるなら「お先にどうぞ」と声をかけたり、1本乗り過ごす余裕を持っておきましょう。エレベーターに乗ったらまず「閉」ボタン、それから目的の階数ボタンを押します。

誰かと同乗した場合、自分の目的地を相手に真っ先に知られるのを避けられます。エレベーター内では出来るだけ壁に背を向け、ボタンに手が届く位置に立ちましょう。不安な場合はすぐ次の階で降りたり、何かあれば迷いなく警報ボタンを押しましょう。

絶対に犯罪に合わない超安全なエレベーター、というのはありません。利用する私たちひとりひとりが危機意識を持ち、万が一のときのことを常に考えておけば、結果が違ってきます。

エレベーターの安全対策について、今日から是非考えてみてくださいね。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。