ここまで進んだ!エレベーターのセキュリティ

高層階の建物増加に伴い、エレベーターを安全に動かす技術も進歩しています。

ビルやマンションのセキュリティシステムの中に組み込まれた、高度なエレベーターセキュリティシステムの現状を調べてみました。

スポンサードリンク

今、オフィスやマンションのセキュリティは一元管理されています

建物の高層化が進み、今やオフィスビルやデパートだけでなく、マンションでも10階以上など当たり前に存在する時代。エレベーターはそこに働く人や買い物客、住人にとって必要不可欠なものになっています。

エレベーターの種類や数の増加に伴い、より早く、より安全に動かすための様々な技術が開発されてきました。その中にはエレベーターのセキュリティに関するものもあります。

今、オフィスビルやマンションのセキュリティは、包括的・統合的に管理されています。どういうことかというと、エントランス、エレベーター、個々の事務所や住居を単体で管理するのではなく、それぞれを関連づけることにより、全体を1つのシステムとして一元管理する、ということです。

つまり、ビルの防犯システムの中に、エレベーターの防犯も組み込まれているのです。

エレベーターのセキュリティ その1 オフィス・テナントビル

オフィスやテナントビルでは、共用入口や各オフィスの扉に指紋認証やカード読み取り機などを設置し、人の入出の管理を行っていますが、その一環として、セキュリティレベルの高い階には、許可した人しか降りられないようエレベーターが制御されています。具体的には、

1.キースイッチ(階を押すボタンの横に鍵穴がついていて、鍵を差し込みロックを解除しないと、その階にはとまれない)

2.特殊操作用ボタン(階を押すボタンの中に数字の書いていないダミーボタンがあり、それを押すことにより特定の階に停まる、警報装置が作動するなど特殊な動作を行う)

3.テンキースイッチ(行先階ボタンの下にテンキー(0~9までのボタン)があり、特定の数字(暗証番号)を入力することによりロックが解除される)

その他、エレベーター内部に監視カメラを設置し、その映像を他の場所と合わせて統合的に監視することも行われています。

エレベーターのセキュリティ その2 マンション

最近建てられたマンションには、共用入口にインターホンシステムがあり、住人なら暗証番号を、訪問客なら訪問先の部屋番号を入力して、ロックを解除しないと中には入れないオートロックシステムが装備されているところが少なくありませんが、このシステムとエレベーターを連動させて、エレベーターに乗った際、指定した部屋番号以外の階には止まらないように自動運転を行うシステムがあります。

これだとマンションの入口だけではなく、エレベーターの使用も制限できるので、二重に防犯できることになります。

また、エレベーターの扉をガラス張りにすることで、外部からも見えるようにしたり、非常ボタンを押すとエレベーターに取り付けた警報装置が作動し、警告音で外部に異常事態を知らせると共に、最寄の階に緊急停止し、さらに警備会社への連絡も自動で行ってくれるシステムもあります。

まさにここまで来たか、エレベーターセキュリティ!という感じです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。