夜間こそ防犯カメラは効力を発揮するってホント?

盗難や侵入などの犯罪は夜間人がいない時間帯を狙って多く発生します。もちろん明るい時間にも事件が起こりますが、夜は警戒心が薄れているため、夜間のみ活動する犯罪者もいるのです。

今回は夜間に活躍する防犯カメラの種類やお勧めの使い方などをご紹介しましょう。

夜間もきれいに撮れるカメラを選んで

一昔前の防犯カメラや安価な防犯カメラの中には、暗闇では全く撮影出来ないカメラがあります。

鮮明な画像を撮れなくても抑止力を重視しているので構わない、夜間の撮影はしない、という方であれば良いのですが、多くの方は暗くなる時間帯も防犯カメラを稼働させていると思います。

カメラを選ぶ際には明るい時間帯以外でもしっかりと鮮明な映像を撮れるかは重要なポイントです。通常寝静まっている人気のない時間帯だからこそ防犯カメラは効力を発揮し、犯罪が発生した時の重要な目撃者となるからです。

赤外線カメラは夜間に強い!

夜間に強いカメラとして力を発揮するのが赤外線カメラです。

カメラのレンズ部分に赤外線LEDが付いており、そこから赤外線光を出すことで暗闇でも人物や物体を照らし出すことが可能です。赤外線カメラで撮影した映像は白黒ですが、肉眼で見るよりもはっきりとした映像が映し出されます。

ただし赤外線LEDの照射距離には限りがあるため、最大何m撮影が可能かを確認しておきましょう。それによって設置場所に防犯カメラが何台必要なのかおのずと分かってきます。

昼間はカラーで撮影し、暗くなってくるとセンサーが感知、赤外線カメラに切り替わるカメラはとても便利です。

防犯カメラを使用する環境はいつも良いとは限りません。薄暗くても夜間でもきちんと鮮明な映像が撮れるかどうかはしっかりと確認しておきましょう。

こんな機能も便利!動体検知

店舗などで防犯カメラを使われる場合、時折「人の出入りもないし夜は電源を切っています」という方がいらっしゃいます。

そのような方には多くの防犯カメラに付いている動体検知機能を使うととても便利です。

この機能を使うと、撮影をしていない時でも撮影範囲内で動きがあればすぐに撮影が開始されます。これであればほとんど人が来ないような場所や時間帯であっても効率よく撮影ができ、無駄がありません。

これは夜間にも活躍しますが、例えば工事現場での長期休みの期間や、普段使っていない倉庫などに設置する時にも使える機能です。

防犯カメラを取り付ける際は、夜間に強いカメラを選ぶことをお勧めします。環境や状況によってお勧めの製品や機能も違ってきますので、不安な点があればお気軽にご相談ください!

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335