空き巣撃退!防犯カメラの効果的な使い方

あなたのお家、マンション、店舗では防犯カメラを使用していますか。使用している場合は、それは本当に効果的な使い方をしているのでしょうか。

設置の仕方で効果の良し悪しが出てしまうので、効果的な防犯カメラの使い方を学んでおきましょう。

カメラの設置はどこにする?効果のある場所に設置しよう

防犯カメラを効果的に使うにはどこに設置すればいいのでしょうか。当たり前ですが、空き巣が侵入口として選ぶ場所への設置です。

1辺または直径が200mm以上ある窓、ベランダ、玄関、勝手口、換気口などの開口部や、1階出窓などの地表や足場となるところからの距離が1.8m未満の開口部、2階のベランダや窓などの、電柱や木、石垣といった外構設備との水平距離が1.8m未満の場所できちんと映る方向に設置をするのがいいです。

場所によってつけるカメラは違います

設置場所を決めたら、それはどんな場所でどんな目的で使用するのか確認します。屋外であれば屋外専用の防犯カメラ、室内であれば室内専用の防犯カメラを使用するのがいいです。

屋外でも室内でも、その場所で利用する場合には明るいのか暗いのかも考える必要があります。

夜間など暗いところを映すのであれば赤外線機能の防犯カメラを選ぶべきですし、逆光になってしまう場所では逆光に強いカメラ、風が強く吹く場所、塵などが積もりやすい場所ではハウジングしてある防犯カメラ、店舗などで犯罪者を特定するものであれば画素数が高くてカラーのものなど、シチュエーションによって変えましょう。

また取り付けを行った場合には、購入したときの映り方と変わってしまうことがありますので、業者が家まで来てくれるような場合であれば、購入する前に試しに1度取り付けてもらい、映像を確認できればするほうが賢明です。

防犯知識豊富な専門業者に相談してみるのも手です

もしも防犯カメラの設置位置や種類で迷ってしまったならば、防犯知識が豊富な専門業者に相談するという手もあります。様々な家や店舗などを見てどんな防犯カメラがいいのかアドバイスや設置をしている専門業者であればより安心です。

また、あなたの家や店舗は防犯カメラ以外にも防犯意識が足りていない場所があるかもしれません。そういった面でもアドバイスをしてくれる専門業者に1度相談してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335