簡単取り付け!「窓用防犯アラーム」のススメ

皆さんは家の窓の防犯はしていますか?空き巣が狙うのは窓ガラス。全く対策をしていないあなたの家はもしかしたら狙われているかもしれません!

今回は窓に取り付ける「防犯アラーム」についてお伝えしていこうと思います。

どうして窓が狙われるの??

あなたがイメージする空き巣の侵入手口は、どんな方法でしょうか。

玄関の鍵穴に針金を入れて開錠するピッキング法…というのはちょっと昔の話。今多いのは窓を中心に狙った「ガラス破り」です。窓の錠の周辺部分のガラスに穴を空け、手を入れて開錠、家の中に侵入する手口が最も多いといわれています。

玄関と違って、家にはたくさんの窓があるため全ての窓に対策をしている家は少なく、それが狙われる要因のひとつにもなっています。

窓用防犯アラームを勧めるワケとは

空き巣は音に敏感です。せっかくこっそり犯行に及ぼうと思っているのに、大きな音によって周囲の注目を浴びたら意味がありません。

その為、窓の防犯対策にお勧めなのが「防犯アラーム」を取り付けること。外から見て防犯対策をされていることが分かれば別の家にターゲットを変えることもあります。

そこまで高価なものでなくても犯罪の抑止力には大きな効果があるのです。

アラームはどんな種類があるの??

ホームセンターの防犯対策グッズのコーナーに行くと、様々な防犯アラームがあることが分かります。安価で手軽なものから本格的なものまでそろっているので、取り付ける窓によって使い分けてもいいですね。

防犯アラームは、衝撃を検知するもの、窓の開閉時に鳴るものの大きく分けて二種類に分かれます。

衝撃検知式のアラームの場合は、普段の窓の開閉時には検知しませんが、ガラスをたたくなどをするとアラーム音が鳴るというもの。この感度は調節できる商品も多いため、設置時にまず試してみると良いでしょう。

窓の開閉時に反応するマグネット検知式のアラームは、窓の開け閉めのたびに音が鳴ります。防犯だけではなく、小さな子どもがいる家庭では勝手に外に飛び出さないように使用しているケースも多いようです。アラーム音ではなくメロディが流れるタイプの商品もあります。

これらのアラームは付属しているテープで簡単に取りつけられるものが多く、取り付け面が警告ステッカーになっているものもあります。

自宅の防犯対策は、何か一つのものを取り入れれば完璧になるわけではありません。窓ガラスの場合は他にも防犯フィルムを貼ったり、家の周辺にセンサーライトや防犯カメラを取り付けたりと、様子を見ながら増やしていくのも良いでしょう。

まずは誰でも気軽に使える「窓用防犯アラーム」から、あなたの家の対策を始めてみませんか?

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335