玄関にダミーの監視カメラ…これって意味あるの??

「監視カメラは高いから代わりに偽物のカメラにしよう」「ダミーのカメラを玄関に設置すれば泥棒も狙わないんじゃ…」そう思われる方もいるかもしれませんね。

しかしその考えは危険!今回はダミーの監視カメラについてお話ししようと思います。

ダミーカメラはバレる?!

ダミーカメラは、外見上は監視カメラを模した撮影機能のない防犯アイテムです。監視カメラを取り扱う販売店はダミーカメラも扱っていることが多いため、その安い価格から思わず手に取ってしまう方もいるのではないでしょうか。

ダミーカメラはホームセンターの防犯コーナーでも販売されており、使い方も設置するだけなので簡単。メンテナンス不要で維持費用もかかりません。

しかし家を狙う犯罪者は一般人よりも監視カメラについての知識があります。カメラが設置されていればそのカメラを注意して観察するため、粗悪なダミーカメラはすぐ見抜くことができます。ダミーカメラとばれてしまったらその効果は全くありません。これでは設置する意味はありませんよね。

ダミーだと分かりづらいダミーカメラを選べ!

ダミーカメラは少々値が張ったとしても、見た目が本物の監視カメラと区別がつかないくらいのものを選ぶことが大切です。監視カメラを製造しているメーカーが作っているダミーカメラの多くは、カバー部分は本物と同じ部品を使っていたり、重量を同じにしてくれていたり、よりクオリティが高く仕上がっているのでお勧めです。

ダミーカメラで赤外線LEDを模したライトを点滅させている製品もありますが、より偽物らしくなっていないか注意してください。監視カメラは赤外線モードで撮影している時に必ずしもライトが点滅する訳ではありません。

防犯対策は一つだけではダメ

家庭における防犯対策は、何か一つだけしても大きな効果はありません。玄関の防犯対策をするのであれば、外出時の施錠は徹底して行いましょう。「1ドア2ロック」が基本の考え方です。補助錠を取り付けるのも開錠に時間がかかるため良いでしょう。

窓の防犯もきちんと考えましょう。小窓でもしっかりと鍵をかけます。防犯フィルムを貼ると窓を割りづらくなりますので、窓からの侵入防止に効果があります。

ポストにも気を配りましょう。郵便物がたくさん入っていると留守が分かってしまいます。旅行などで長期間留守にする場合は新聞をとめておくなど対策をしましょう。

そのような防犯対策の一つとしてダミーカメラを取り入れるのは良いでしょう。監視カメラを予算的に複数台購入できない場合、それをカモフラージュするため同じ外観のダミーカメラを使うのも効果があります。

ダミーカメラは考え方と選び方を間違えなければ防犯に役立ちます。正しい知識を身につけて正しい防犯対策をしましょう!

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335