10年たったら考えよう!ドアホンの交換

ドアホンの寿命は一戸建てで10年、集合住宅で15年だそう。音が鳴らない、通話ができないと、使用年数が上がるにつれてトラブルも多く、また修理も不可能に。

よし、ここらで防犯にも役立つドアホンに交換しよう。おすすめは?

スポンサードリンク

ドアホンの寿命は10~15年です

ドアホンの寿命は一戸建てで平均10年、集合住宅では15年と言われています。

長年の使用により、例えば一戸建てでは呼び鈴の音が途切れたり、通話ができなくなったり、集合住宅では、出入口のオートロックが解錠できなくなったり、番号を押してもその住戸を呼び出せなくなったり、最悪の場合にはシステムがダウンしてしまうこともあるそうです。

そもそもドアホンの製造会社が修理のために置いておく部品の保有期間は、生産終了後約7年です。つまり、使用期間が長くなればなるほど、故障した場合に修理できなくなる可能性が高くなるのです。

また、呼び鈴だけのドアホンの場合、相手が誰かも分からないまま応答しなければならないなど、防犯の面でも弱い所があります。もし、あなたの家のドアホンが上記のような状態なら、今のうちに新しいものと取り替えてみませんか?

営業マンが「嫌うドアホン」と「好きなドアホン」。その違いは何でしょう?

ある資料に、外回りの営業マンが嫌がるドアホンとして、以下のようなものが挙がっていました。

  • カメラ付き
  • 録画機能付き
  • ワイヤレスモニター付き
  • スマホのアプリでモニターを確認できる
  • カメラ付き、録画機能付きドアホンが嫌われる理由は、見知らぬ人である自分達営業マンを見て、居留守を使われたり、またカメラで撮られていると思うと何となく居心地が悪いからだそうです。

    ワイヤレスモニターやスマホのアプリでのモニター確認も、玄関から遠く離れた場所でチェックされてしまうと、居留守かどうかわからないから、という理由だそうです。

    逆に好かれるドアホンは、「カメラなし、マイクなし」。とにかくドアを開けてもらわなければ何もできない彼らにとって、ドアを開けてくれる確率の高いものが好まれるというのは理解できます。

    これ、営業マンを不審者に置き換えても、十分通用する話だと思いませんか?

    もし交換するならこんなドアホンがおすすめ

    ドアホンには、大きく分けて4つの種類があります。

    1.受話器型ドアホン(受話器を取り外と音声のみでやり取り)
    2.ハンズフリードアホン(音声のみで受話器ではなく、ボタンを押すなどしてやり取り)
    3.ハンズフリーテレビドアホン(モニター付き、ボタン操作で外とやり取り)
    4.受話器型テレビドアホン(モニター付き、会話は受話器でやり取り)

    もし交換するなら、3.4が防犯の面でおすすめです。若い世代の方なら3、耳が遠い方や年配の方には4がいいそうです。

    またドアホンの電源の取り方には、乾電池式、電気プラグ式、電源直結式などがあります。乾電池や電気プラグ式は配線工事を必要としないため、自力で交換が可能です。

    電源直結式というのは、壁の中から配線を通じて電源を取っているもののことですが、こちらは漏電・感電の危険があるので、交換はプロに任せましょう。

    スポンサードリンク



    コメントは受け付けていません。