普通の人?不審者?侵入窃盗にはしっかりとした対策を




空き巣、忍び込み、強盗…家を狙う犯罪者は未だに多くいます。それらの不審者対策をあなたの家ではきちんとしているでしょうか?

今回は簡単にできる対策や知っておきたい知識など、今日から役立つことをご紹介したいと思います。

侵入窃盗の発生認知件数は戸建てが多い

侵入窃盗の認知件数は、検察庁の平成29年犯罪情勢によると、平成16年を皮切りに減少傾向にあります。ですが、発生場所認知件数は戸建てが最も多く、減少傾向にあるとはいえ、平成29年では147件でした。

参考:検察庁 > 犯罪情勢

発生件数が減少した理由としてさまざまな要因がありますが、警察や県や市、地域での街ぐるみでの防犯対策が功を奏じ、一般的な住居でもセキュリティシステムを取り入れるなど危機意識を持つ人が増えてきたことが関係しているでしょう。

一方でこれといって対策をとっていない人も多いのが現状。その意識レベルは二極化しています。

不法に他人の敷地に足を踏み入れようとしている人間からしてみたら、もちろん対策していない家の方が侵入しやすいのは言うまでもありません。

不審者は一見不審者ではない?!

そもそも不審者はどのように見分けるのか、その判断に悩むところです。空き巣、忍び込み、強盗などの犯罪者は、見た目では普通の人間とほぼ分かりません。

防犯部長まさる
「風呂敷を被って鼻の下で結んでいるドロボウ」なんて現実には存在しないのは周知の事実。明らかに挙動不審であったり、見知らぬ人間が何度も同じ場所をウロウロしているのであれば判断できるかもしれません。ですがプロの犯行をする人間は、その見た目も普通の恰好というケースが一般論です。

彼らは一般の人を装うために、スーツや作業服という仕事風から、ジャージやTシャツとジーパンという普段着…などその街に馴染むような恰好をしています。

その事を知ったうえであなたが違和感を感じたのであれば、明るくあいさつをするのが効果的です。

話しかけられた不審者は犯罪を起こしにくくなります。近所の人や周辺住人の人と情報を共有できれば尚良いですね。

今日からできる対策とは??

家を狙った犯罪はさまざまな対策を行うことで防げます。

手入れ 木がうっそうと茂り見通しが悪いのであれば剪定を行いましょう。不審者が隠れる場所を減らすためです。
防犯対策 不審者は音と光を嫌がるため、家の周りに防犯砂利を敷き、センサーライトをつけるなど夜間でも明るい場所にしておくと効果があります。防犯カメラを設置すると、万が一の際証拠となる映像が撮れることと、抑止力としても期待できる対策です。

家の周りは整理整頓をしておくと、犯罪発生率が低くなる傾向があります。

家の不審者対策として何より大切なのは家族で危機意識を持つことです。短時間の外出時でも必ず鍵をかけ、小さな窓の施錠も忘れないようにしましょう。